ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるで妖精のよう!NZから憧れのウエディングドレスブランドが日本初上陸

DATE:
  • ガジェット通信を≫


憧れのウエディングドレスブランドが、日本に初上陸した。

今回日本で初めて販売されるのは、ニュージーランド発のウエディングドレスブランド「RUE DE SEINE(ルー・デ・セーヌ)」。グウィネス・パルトローとコラボしたり、ドリュー・バリモア、リアーナなどのセレブが着用したことでも有名なブランドだ。

「RUE DE SEINE」のブライダルコレクションは、ヴィンテージにインスパイアされた「モダン」「ボヘミアン」「ロマンチック」をキーワードとしたフェミニンなスタイルが特徴。

シルクを使ったり美しく繊細なフレンチレースを使用したドレスは、着心地のよさと程よい抜け感が魅力。

他にはない特別なウエディングドレスを求めている人におススメしたいブランドを、将来のブライダルのためにチェックしてみてはいかが?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP