ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

寒い冬に食べるアツアツ肉まん

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2月10日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、街で人気のお店を特集。砂町銀座商店街にある「上海肉まん」(東京都江東区)を山下まみさんが訪れた。

名物はお店の名前にもなっている「上海肉まん」(130円)。他にもシュウマイや中華惣菜が店頭にずらりと並ぶ。
特に肉まんは今の時期の人気商品で1日に500個も売れるそう。本場仕込みの上海肉まんは全て手作り。皮は小麦粉・大豆粉・牛乳・ドライイーストなどを入れてこね、ふわふわもちもちな生地になる。中に入っているあんは豚肉・玉ねぎにしょうゆ・オイスターソース・ごま油・コショウ・砂糖などで味付け。そして15分ほどねかした生地を切り分け、あんをたっぷり入れ蒸して出来上がる。
出来たてのアツアツでふわふわな肉まんを受け取り、割ってみた山下まみさん「うわーっアツアツ、ぎっしり」と喜び、そのまま口いっぱいにほおばると「モチモチ!ほとんど餡というぐらいぎっしり入っているので、味もしっかりついていてとってもおいしいですよ」「止まらない」と笑顔で語った。

他にも、高菜のピリリとした味と海老のプリプリした食感が楽しめる「高菜入り肉まん」(140円)、「海老チリまん」(170円)など7種類もありバリエーション豊かな肉まんが揃っている。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:上海肉まん(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:南砂町・菊川のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:中華のお店紹介
ぐるなび検索:南砂町・菊川×中華のお店一覧
甘くてジューシーな苺がたまらない「スカイベリーパフェ」
専用蕎麦畑からの玄そばを使った老舗蕎麦店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。