ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『日清のどん兵衛焼うどん 担担花椒仕立て』ビリビリ痺れる山椒系辛味がたまらなくテイスティ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日清食品から山椒系のビリビリする辛味をアクセントにした『日清のどん兵衛焼うどん 担担花椒仕立て』が登場。湯切りをして食べる焼きそばタイプのタンタン麺系焼うどん、その刺激的な味わいがどれほどのものか食べてみた。

ラー油ベースとごまベースの坦々麺が合体、山椒系の辛味で仕上げ!

タンタン麺(担々麺)というのは結構フワッとした表現で、千葉・勝浦を発祥とするラー油をメインにしたオレンジ色のものもあるし、ごま風味を前面に出した中華料理系統のものもあり、はっきりこういうものだと言いにくいジャンル。唯一の共通項はひき肉か…。


今回の『日清のどん兵衛焼うどん 担担花椒仕立て』(113gうち麺90g・希望小売価格 税抜180円・2016年2月8日発売)に関して言えば、ごま風味を前面に出すための芝麻醤(チーマージャン)を売りにしていることから後者を予想。しかしその予想は大きく裏切られることになる。


湯戻し時間は5分間。太めの油揚げ麺(うどん)をじっくり熱湯で攻める。時間経過後、丁寧に湯切り。たいていの場合、ここでしっかり湯を排出しておかないと味が薄くなるので慎重に。中身はふわふわ感のあるどん兵衛らしい白いうどん。


そこに後入れの坦々ソースを投入するのだが、これがオレンジ色のラー油成分入りのものだった。てっきりごまメインで激しいオレンジはないと思っていたが予想外。かき回すと何やら酸味系の香りもする。


具材はダイスミンチとチンゲンサイ。ひき肉ではない。かき混ぜると確かに芝麻醤由来のごま風味もしてくる。しっかりかき回してすっかり白いうどんをオレンジ色に染め上げた時点で完成だ。もっちりうどんをつるりといただく。


駆け抜ける花椒(辛味の強い四川料理に用いられる山椒)のビリビリ。そこにラー油由来のヒーな辛さが参加する。爽快感溢れる辛味のハーモニーに目が覚める。具材のダイスミンチは濃い味付けで存在感があるが、チンゲンサイは見た目は目立つものの味はあまりわからない。


辛さと酸味が調和してこの『日清のどん兵衛焼うどん 担担花椒仕立て』はかなり美味しいのだが、酸味に関しては成分表示がないので、何の酸味かはわからない。謎。


普段から四川料理系に目がなくて、辛いものが平気な人にオススメ。うな重を食べる時に唇が痺れるくらい山椒をかけてしまうタイプの人なら大喜びなはず。激辛ではないが、十分辛味はあるので苦手な人は気をつけよう。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP