ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

清原覚醒剤事件キーマン 480分取材での重大発言とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 次々と明らかになっていく清原和博容疑者と覚醒剤の関係。「球界の番長」はいつからその魔の手に誘惑され、手を染めることになったのか。その真実を知るキーマンがいる。本誌がかつて取材し、封印し続けてきたこの人物の重大証言を、公開する。

 約10年ぶりに訪ねたその人物の家は、経年だけが原因とは思えない荒れ方だった。白い壁の一軒家。居間の窓ガラスは外されて放置され、庭にはゴミが散らかる。庭先に数か所設置された比較的新しい防犯カメラが、まだ人が住んでいることをかろうじて示していた。

 住人の男が取材に応じた。髭も髪も伸び放題、大きくぎょろりと見開いた目が印象的である。部屋の中にもゴミが散乱していた。

「久しぶりやね。清原(和博)さんの件でしょ。ね、言うた通りやったでしょ」

 男の名を仮にXとする。彼はプロ野球選手だった。既に複数のメディアに直撃取材されている人物だが、彼との「約束」により、ここではあえて名を伏せる。

 1991年、オリックスに入団。左の中継ぎとして活躍し、1998年に巨人に移籍、2000年には優勝・日本一に貢献した。その後はメジャーリーガーを目指して渡米。2005年に球界を引退している。

 だがその後、Xは道を誤った。2006年、覚せい剤取締法違反の罪で逮捕され、有罪判決を受ける。離婚問題のストレスから逃れようとした結果、薬に手を出してしまったのだ。

 本誌は判決を受けた直後、Xに480分もの長時間のインタビュー取材を行なった。この時は裁判直後ということもあり、メモや日記を見ながらハッキリとした口調で語っていた。

 本誌は当時、Xの語る内容について検証した。Xが実名を挙げた選手・球団関係者への当事者取材を行なうと明らかにしどろもどろになり、動揺を示す人物が少なくなかった。証言の信憑性は高いと判断し、記事を4回にわたって掲載した。

 Xの告白は、自分が覚醒剤に手を染めた理由は、現役時代に「グリーニー」(※注)という薬を飲み始めたことが元凶であること、そして球界の薬物蔓延の実態を暴露するものだった。

【※注/アンフェタミン(覚せい剤取締法で規制を受ける覚醒剤に指定)系興奮剤。使用すると興奮状態となり集中力がアップするといわれるが、反動も大きく、強い依存性、食欲減退、不眠などを引き起こすとされる。現在は日米球界ともに禁止薬物に指定。名前の由来は錠剤が緑色であることから。カフェインとの相性が良く、コーヒーに混ぜて服用することが多い】

 しかしXの告白のうち、本誌が掲載できたのは一部に過ぎなかった。膨大な証言の中に「大物」に関する「危なすぎる暴露」が含まれていたからだ。Xはこの時、現役時代から覚醒剤にも手を出していたと語り、こんな重大発言をしていた。

「清原(和博)さんとも覚醒剤をやっていました」

 清原と薬物の関係については、当時既に警察に聞かれていたという。

「警察は現行犯で清原さんを引っ張りたいと言っていました。私は清原さんに関する供述については(警察で)サインもしています」

 最近になって、Xへの捜査を端緒に警察が当時、清原の周辺捜査を行なっていたことが報じられた(9日付、時事通信)。ただこの時、警察は証拠を掴めなかったようだ。本誌も同様で、影響の大きさから掲載には慎重にならざるを得ず、証言は封印されることになった。

 あれから10年。清原の過去を知るXは再び脚光を浴びている。だがX自身の風貌を大きく変えたように、そこには長い歳月が横たわり、証言内容も彼の記憶そのものも断片的なものとなっている。しかし10年前、裁判に臨むため、自身の記憶を整理していた状態でXが本誌に語った証言は生々しく、ディテールに富み、極めて具体的であり、しかも膨大なエピソードだった。

※週刊ポスト2016年2月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
清原和博氏 転職サイトで運転手兼マネージャー募集の理由は
薬物疑惑報道の清原和博 妻・亜希さんがやつれていたとの声
妻が出て行き清原和博邸がゴミ屋敷化 銀座ママ宅に入り浸り

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP