ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ライザップ挑戦の森永卓郎氏「唐揚げ入りラーメン食べたい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 背中が丸まりお腹がポッコリ出た男が突如、筋肉質に変身──。生島ヒロシや赤井英和のCMで話題になったライザップに、あの森永卓郎氏(58)が挑戦している。1日5食で、好きな食べ物は「カツ丼カレー」。テレビ番組の収録中も常にポケットにお菓子を入れて、隙あらば食べていたほどの大食漢だ。加えて50m走のタイムが20秒以上の運動音痴。

 ぽっちゃり顔がトレードマークの森永氏が、テレビの企画でライザップに挑戦することが昨年10月に決まったが、わずか数か月のプログラムで本当にやせられるのか。

「電車に乗っていると、知らないおじさんが私の腹を叩いて、『ライザップ頑張れよ』といってきます。減量は無理だと思われているんでしょうね(笑い)。私の動機は、ビフォーアフターのCMで笑いを取ることです」(森永氏)

 ライザップのダイエット法は、米や麺、芋類などの炭水化物を減らすことで脂肪を落とし、肉や魚、大豆製品などのたんぱく質を摂りながら、トレーニングすることで筋肉量の維持・増加を目指す。こうして基礎代謝を高め、太りにくい体質に改善する王道のやり方だ。

 特徴は、専属トレーナーが付き、マンツーマンで一緒に目標に向かうところ。まずカウンセリングを行ない、過去の運動歴やダイエット歴、既往歴、普段の食生活についてのほか、やせたい最大の動機を尋ねられる。

「目の前の誘惑に負けて太る食事をしたくなる時もあるが、目的を達成した時の喜びのほうが遥かに大きいはずです。普段から意識的にやせたい動機に訴えかけます」(ライザップの幕田純トレーナー)

 森永氏は毎日、食事を写真に撮って報告。それに対して、トレーナーが助言する。夜遅く食事をとっていれば、「21時以降はなるべく控えてください」と改善を促し、食事の間隔が空きすぎていると逆に太りやすくなるので、「間食をとっても構いません」とアドバイスするといった具合だ。

「トレーナーとやり取りすることで、自然と知識が身につき、食事をする時に思い出す。毎日食事の写真を送らないといけないので、妥協が許されません」(森永氏)

 炭水化物の多いテレビ番組のロケ弁当では、とんかつの衣を取り除き、ポテトサラダは食べないといった涙ぐましい努力も。

「炭水化物が多い米やパンなどの主食を減らす食生活にもすぐ慣れました。イメージされているほど厳しくないと思います」(森永氏)

 筋力トレーニングは、週2回ライザップに通うだけ。家で行なう必要はない。初めは、正しいフォームを習得するため、軽い器具を使う。その後、回数を増やし、筋肉の持久力を鍛える。そして徐々に器具の重量をアップしていき、筋力を高める。ここでもトレーナーの存在が大きい。

「一人なら限界と思う場面でも、上手くおだててくれるので、最後の力が出るんです」(森永氏)

 トレーナーは、トレーニング前に必ず、鍛える部位を丁寧に説明し、フォームも繰り返し確認する。「あと1cm深く降ろしましょう」などと常に声をかけ、「いいですね!」と鼓舞する。

 休憩中には、「森永さんがやせたら、日本中が笑いの渦に巻き込まれますよ」と目標を再びトレーナーが口にする場面も。これが数か月継続されることによって、成果が生まれるようだ。

 2か月で既にウエストが20cm(114cm→94cm)細くなり、体重も16kg(90kg→74kg)減った森永氏だが、「減量後は、豚の唐揚げ入り味噌ラーメンを腹一杯食べたい」と禁欲後の生活に思いを馳せた。となると、不安の種はリバウンド。ライザップで目標達成後、元の食生活に戻らないかが本当の勝負だ。

撮影■渡辺利博

※週刊ポスト2016年2月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
1日3食必要な理由 腸を順調に働かせ便秘太りを避けるため
セレブお抱えカリスマトレーナーが推す「1日5食ダイエット」
マンU香川の出場機会減 ザック氏に欧州へ「圧力」求める声も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP