ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

流浪のオフィス状態を抜け出し秋葉原に新拠点「ガジェット通信フロア」できました

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

新拠点「ガジェット通信フロア」が秋葉原にできました

ガジェット通信です。長らくオフィスがなかった我々ですが、やっと流浪生活を抜け出しました。

新拠点は秋葉原となりました。末広町駅3番出口から15秒。東京三菱UFJ銀行秋葉原支店の横のビルです。

〒101-0021
東京都千代田区外神田3-16-12 アキバCOビル2F ガジェット通信フロア
ガジェット通信編集部
(銀座線 末広町駅3番出口から15秒、JR秋葉原から徒歩7分)

ご不便おかけしてすみませんでした。もうオフィスはありますので、打ち合わせしまくりましょう。

表現者と一緒に秋葉原で新しいものをつくりたい

新しい拠点となった秋葉原を歩いていて感じるのは「好きなことに没頭できる街」「趣味全開が受け入れられる街」だということです。そういう街はもちろんのこと表現者やものづくりに関わる人とも相性がよく、わたしたちの新拠点もそういうみなさんと一緒に新しいものを生み出せる場所にしようと思っています。

もともと未来検索ブラジルはものづくりをする人や表現をする人が好きな会社です。わたしたちはそういった「ものづくりが好き」「表現することが好き」な皆さんと寄り添った仕事を増やしたいと考えています。

招待された人が、最高の体験をできる場所

新拠点「ガジェット通信フロア」では、コミュニケーションのための施設を充実させました。通常の打ち合わせだけではなく、勉強会やワークショップ、発表会なども企画し、招待された人に他にはない体験をしてもらおうと考えています。

クリエイターにとっては秘密基地のような「コラボ」の場所

また新拠点はさまざまな「表現者」「クリエイター」の皆さんとコラボする場所にもしたいと考えています。文章を書ける人、写真を撮る人、動画をつくる人、生放送をする人、歌が上手い人、踊れる人、トークが上手い人、人前で話すのが得意な人、人を笑わせるのが得意な人、教えるのが上手い人、プログラムを書ける人などなどさまざまな表現者に集まってもらって、その中から新しいものが生まれる場所にしたいと思っています。


(※ガジェット通信フロアで「VDC Magazine」の制作やってます)

そのため動画・生放送収録のための複数の設備、写真撮影のための設備、商品レビューのための設備、撮影にも使えるキッチン、ブロガーさんやレビュアーさんに集まってもらって新製品発表などをおこなえる設備などを整えていく予定です。

表現者のための秘密基地のような場所をつくり、表現者のみなさんとこれまで見たことのないような面白いものを作り出していきたい――これが僕達が今持っている大きな夢です。

(絵:MOCA、文:ガジェット通信発行人 深水英一郎)
―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信』

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる ▶

記者:

ニュースサイト『ガジェット通信』発行人。未来検索ブラジル代表。東京産業新聞社代表。ハリウッドエンターテイメントビジネス誌『Variety Japan』Senior Editor。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラクターに興味がある。好きな食べ物はシュークリーム。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP