ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

愛する人の遺骨でつくる「メモリアル・ダイヤモンド」を知っていますか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ARGORDANZA」は、スイスに本拠地を置くダイヤモンド製作企業だ。亡くなった人物の遺骨から抽出した成分を元に記念品をつくっている。完成品の写真を見てみよう。

遺骨でつくった宝石
「メモリアル・ダイヤモンド」


同社によれば、天然のダイヤモンドは炭素が自然に高温高圧にさらされることによって生まれる。これは、まったく同じ工程を再現して人工で作られているものだが、硬度や輝度は天然物と変わらない。

必要な遺灰・遺骨は、最低300gほど(全体の20~25%ほど)だそう。遺骨によって微妙に色が変化するが、完成品には遺骨成分しか使用していないことを示した保証書が添付される。価格は、0.2カラット、直径4mm程度で、48万円(税別)から。1カラットまで多くのサイズが選べる。

ダイヤモンドはスイスで「永遠の愛」を象徴するそうだ。亡くなった愛する家族をより身近に感じられる選択肢として注目が集まっている。日本語ホームページはコチラから。

Licensed material used with permission by 有限会社 アルゴダンザ・ジャパン

関連記事リンク(外部サイト)

飛行機で空を飛んだら、ネコがついてきた・・・(動画あり)
【マンガで解説】妊娠前の子宮の中はこうなっている
【日本初】「スパイ体験」できるアトラクションが、新宿・歌舞伎町に登場!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP