ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

辛い恋愛を繰り返さない「5つのコツ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ここで紹介するのは、ライターAmanda Fama氏の恋愛コラム。以前は恋愛がなかなかうまくいかず、人を好きになることに臆病になっていたという彼女。その辛い経験から学んだ、幸せな恋愛をするための5つの心得は、すべての女性に知っておいてほしいのだとか!

01.
絶対に「過去の恋愛」と
比較しない

「元カノはこうだったのに…」と、あなたと前の恋人を比較されてイイ気はしませんよね。それは彼も同じです。過去の恋愛にとらわれてはいけません。それを学びに変え現在に活かそうとするのが得策です。いま、目の前にいる相手との時間を大切にし、新しい愛の形を模索することです。

かの有名なF・スコット・フィッツジェラルドもこんな言葉を残しています。

「この世界に存在する“愛”は、すべて違う形をしています」

02.
幸せになることを
恐れてはいけない

一度や二度辛い経験しただけでも、恋愛に臆病になってしまう女性は多くいます。どんなに幸せな時間もいつか終わりが来ると思ってしまうのです。これも過去の恋愛にとらわれているといえるでしょう。

チャンスを恐れず、前に進みましょう。「好き」という気持ちを抑える必要はありません。

03.
頑なに否定しない
まずは歩み寄ってみる

彼が、「私にはちょっと理解できない…」と思う行動をしたとしても、それを頭ごなしに否定してはいけません。まずは歩み寄ってみるのです。彼には彼なりの考えがあってそうしているのですから、それをきちんと聞いてあげるのです。

そうすれば喧嘩にも発展しませんし、もっと深く相手を知ることもできます。大きな心でドンと大きく構えていればいいのです。

04.
何事もオーバーに
考え過ぎない

私の最大の欠点は、すべてをオーバーに考えすぎることでした。例えば、彼との連絡頻度。返信が遅いとすぐ不安になっていました。けれど、恋愛において考えすぎはよくないと気付きました。それは自分を苦しめる行為なのです。

05.
他人の意見は参考程度に
自身の心の声を尊重する

「自分の心の声に素直になって、パートナーに求めていることは何か、深く考えてみてください」

これが私からの最後のメッセージです。たとえ周りの人から否定的な意見を言われたとしても、自分が納得して一緒にいる相手なのであれば、それは正しい選択なのです。のちに別々の道を歩くことになったとしても、今のあなたが満足しているのならそれでいいのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

12星座別「キスの特徴」うお座は見つめ合うキスが大好き
40代になって気づく・・・若い時の恋愛で後悔している「8つのコト」
【恋愛参考書】みずがめ座の心をつかむ「6つのコツ」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP