ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アインシュタインが予言していた「重力波」が米国で観測される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本時間の2016年2月12日、米国にある観測装置「LIGO」の調査チームが「重力波」を直接観測することに成功しました。アルバート・アインシュタインによる「一般相対性理論」の発表から100年。本人でさえ観測できるようになるとは思っていなかった微細な変化を、ついに検出した歴史的快挙となります。

「時空の歪み」を観測!

研究チーム責任者デイヴィッド・ライツェ氏の説明によれば、観測されたのは、直径50kmサイズあるふたつのブラックホールが、13億年前に衝突したときに生まれた重力の波。「一般相対性理論」が正しいことを証明する新たな証拠が現れたという事実も合わせて、世界中の注目が集まっています。

CNN」には、コロンビア大学の物理学者マーカ氏のこんなコメントが。

「わたし達は理論の欠点を探すのが仕事です。見つけだす方法は、テストを重ねること。ですが、恐ろしいことにアインシュタインの理論には、いまだに欠点が見られません」

彼の説明によれば、今回の発見はこれまで「聞く」ことしかできなかった宇宙の変化を、「目にする」ことができるようになったと言える大きな進化だそう。これによって、ブラックホール誕生の瞬間など、理論上でしか存在を確認できなかったものが捉えられるようになるとも期待されています。

Reference:LIGO,CNN

関連記事リンク(外部サイト)

【感動】旦那が、机の上に「1枚のレシート」を置きっぱなしにしていた本当の理由
お風呂とカフェが融合した「おふろcafe」を知っていますか?
民家の庭に突如オオカミが出現。その「意外な理由」にほっこり

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP