ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

幸せのアルバム。愛する妻との何気ない日常を、365日描き続けた男性

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Curtis Wiklundさんのスケッチは、妻Jordinさんと過ごす普段の何気ない生活を描いたもの。しかし、ここで取り上げるには“ある理由”があります。なんと彼、1日も欠かすことなく365日にわたって描き続けたのだとか。コレ、1年の終わりに2人で見返すと思うと、すごく素敵!

「何気ない毎日」が
とても幸せ!




これが、Curtis Wiklundさんが「もっとも印象に残っている」と述べる作品。“新たな命”が宿ったときの様子です。

ヴェネツィアへの旅行。


とある冬の日。2人して風邪をこじらせてしまいました。


ケンカしても、すぐに仲直り。


玉ねぎをカットするために、スノーボード用のゴーグルを着用するJordinさん。



ちなみに、彼が365日もの間スケッチを描き続けられたのは、奥さんへのこんな愛情によるものだったのだそう。

「妻は他の誰の作品よりも僕のスケッチが好きなんだ。毎日新しい作品を見るときの彼女の嬉しそうな顔。それだけが、1日も絶やすことなくプロジェクトを達成できた要因だね!」

Licensed material used with permission by Curtis Wiklund Photography,(Facebook),(Instagram),(Blog)

To hear about the release of the published coffee table book, you can sign up via email on his site or follow him on Instagram.

関連記事リンク(外部サイト)

92歳の白雪姫!もし、ディズニープリンセスたちが、歳を重ねていたら・・・
【イラスト】効率の良い「腹筋の鍛え方」が、Twitterで大人気
心臓移植直後。少年が放った「一言」に考えさせられる・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP