体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

PUFFY、対バン企画『愛の説教小屋』で亜美と由美が対決

PUFFYが1月30日、品川ステラボールで主催イベント「パフィーが対バン『愛の説教小屋』〜吉村、誕生日だってよ。説教してやろうぜ〜」を開催した。

1月30日(土)@品川ステラボール (okmusic UP's)

この日の東京は寒かった。ビルの最上階へ目をやると、電光掲示板には“5℃”とある。しかし、雪が積もると言われていただけに、傘を持たずに済んだだけでもありがたい。品川ステラボールの外で開場を待っていたPUFFYファンもきっとそう思っていたことだろう。

そう、今日は「パフィーの愛の説教小屋」の第3 弾、「パフィーが対バン『愛の説教小屋』〜吉村、誕生日だってよ。説教してやろうぜ〜 町田の狂った兎 大貫亜美 vs 寝屋川のアナコンダ 吉村由美」である。これまで、T.M.Revolution、でんぱ組.incといった強者との戦いを経てきた2人が今回相見えるのはなんと相方。身内同士の仁義なき戦いである。記念すべき結成20周年イヤーに改めて結束を深めるか、はたまた袂を分かつことになるのか、すべては今日のステージにかかっているのである。

しかし、一体どんな内容になるのだろう。2人がそれぞれのソロ曲を歌っておしまい? いやいや、そんなはずはないだろう。あのPUFFYがファンの予想通りのことをやるはずがない。

さらに、今日は吉村の誕生日ということで、開演前からお祝いムードが漂っていた。古今東西のバースデイソングが次から次へとBGMとして流れるのである。これじゃあまるで、「さあ、私のことを祝え!」と言わんばかりではないか。こんなコッテリ具合もPUFFYらしい。

そんな誕生日ムードにすっかり当てられた頃、“吉村由美の実姉”による注意事項が流れる。「アメ村でワルさを繰り返していたあのコ(吉村)が…」から始まる諸注意に場内はクスクス笑い。今日の展開の片鱗を掴んだところで、いつものおどろおどろしいオープニングムービーがスタート。

「ねぇ、亜美ちゃん。亜美ちゃんはPUFFYのリーダー何年ぐらいやってるの?」とリーダーの大貫に質問を投げかける吉村。さらに、「ギャラの取り分が8:2っておかしくない?」と問い詰める。レコーディングの時に出前のメニューを決める、ライヴの打ち上げで乾杯の音頭を取るという“重要な仕事”があると言い張る大貫だが、PUFFYのためには自分がリーダーになった方がいいと吉村は主張。最後には「このババア!」「解散だ、解散!」という言葉が飛び交い、話し合いは決裂。「今日、この場で白黒つけてやろうじゃないのよ!」という吉村の絶叫が場内に響いた後、SEのHi-STANDARD「Can’t Help Falling In Love」が流れだす。

まず、ステージ上に現れたのは4人のバンドメンバー、フジタユウスケ(G)、伊東ミキオ(Key)、BOBO(Dr)、木下裕晴(B)。なんと全員タキシード。そして、彼らに続いて登場したのは、この日の司会を務める茂木淳一。彼もまたタキシードにシルクハット姿でビシっと決めている。なんといっても今日は吉村の誕生日。正装は必須である。そんなステージを見つめる観客は、いつもと異なる流れにゴクリと息を呑む。「こんなふざけた展開で息を呑むってなんだ」と思うだろうが、何が起ころうとしているのかこの時点では予測不能だったのだ。

舞台が整ったところで茂木は、大貫と吉村のどちらがリーダーに相応しいのか、会場にいるファンが決める「リーダー総選挙」の開催をアナウンスし、今日は2人が交互にステージに現れてパフォーマンスすることを知らせた。

そして、遂にライブスタート。茂木に呼び込まれた大貫がパジャマ姿で登場し、ソロデビュー曲「Honey」を披露。当時とは違って、深みのあるボーカルでじっくりと聴かせる。大貫が袖にはけると、今度は吉村が呼び込まれる。

すると吉村は茂木に「亜美派か由美派かどっちかな?」と本人を目の前に答えづらい質問を投げかけ、“わいろ”と大書された茶封筒を手渡す。「困ります!」と最初こそ拒んだものの、結局タキシードの内ポケットにしまい込む茂木。ワイロ効果か、「いつもやさしくて、美人な吉村由美さんにさっそく歌っていただきましょう!」とあからさまに吉村寄りの曲紹介を受けて彼女が歌ったのはソロデビュー曲「V・A・C・A・T・I・O・N」。小西康陽によるポップなメロディを、当時と変わらぬ素直でのびのびとしたボーカルで披露。間奏では客席にもワイロの飴ちゃんを投げ込むことを忘れない。

こんな風にして、「愛の説教小屋」史上最も茶番色の濃いステージが進行していく。

今日のイベントが面白いのは、ソロ曲を交互に披露していくことで2人のキャラがよりはっきりと見えてくること。英詞曲を中心にパフォーマンスする大貫のボーカルはかなり力強い。吉村がMCで「亜美ちゃんが『Radio Tokyo』歌って、ちょっと上手かったからカチンときた」と話していたように、ちょっと驚くほどの存在感だ。90年代オルタナティブロックが好きな人には、Juliana Hatfieldのような粗野さとキュートさが同居した声、と言えば伝わるだろうか。さらに彼女は「Dancing Queen」のカバーでエレキギターも披露してファンを驚かせた。一方、吉村は一切気負いを感じさせない、リラックスしたパフォーマンス。彼女の場合、初期の曲を歌ってもいい意味で以前のイメージと変わらない。ただ、大貫に触発されてか、徐々に歌唱に熱がこもっていく感じが伝わってくる。こうして2人の歌を聴いていると、如何にしてPUFFYの歌が成立しているのかを改めて実感させられる。

合間合間に匿名希望のバックバンドメンバーが大貫をディスったり、どこぞの幼稚園児たちが吉村をケチョンケチョンにこき下ろしたりするVTRが流れ、ファンがすっかりこの茶番を楽しんでいると、唐突にサプライズがやってきた。

最初に仕掛けたのは大貫。往年のボディコンファッションに身を包んだ彼女が引き連れてきたのは土岐麻子。土岐が、「やっぱり私は亜美派だなと思ったことがあって。お寿司おごってもらったじゃない? それで」という雑なエピソードで笑いを誘った後、カバーを2曲立て続けにプレイ。まずは言わずと知れた大名曲「Can’t Take My Eyes Off You」。そして、Sheryl Crowによる90年代のヒット曲「If It Makes You Happy」。大貫はエレキギター、土岐はアコギを手に息のあったハーモニーを聴かせた。

場の空気を一気にかっさらったのは吉村。「20年来の親友の歌を1人で頑張って歌いたいと思います」と相川七瀬の大ヒット曲「夢見る少女じゃいられない」を歌い始める。そして、2番に差し掛かったところで、彼女の背後から白いライダースジャケット姿の本人が登場。この粋な演出に客席は大盛り上がり。続いては、同じく相川の大ヒット曲「彼女と私の事情」を披露。この歌詞は、当時一緒にお風呂に入るぐらい仲の良かった吉村のことを思って相川が書いた曲だという。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。