ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ムリなく痩せてお肌もしっとり! 美人は“白湯”を飲んでいる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“白湯ダイエット”という言葉を聞いたことがありますか? 水をただ沸かしただけの“白湯”を飲むダイエット法ですが、簡単にできて痩せられるだけじゃなく、お肌もしっとりしてくると評判なのです。ツラいカロリー制限や運動をするダイエットに疲れた方は必見です!

簡単にできる“白湯ダイエット”の効果はこんなにある!
1.体を温めて基礎代謝がアップ!

白湯は、お湯じっくりと煮立てたもの。体を温める効果が高いので、白湯を飲めば内側から内臓を温めることができます。内臓がイキイキと動き出せば基礎代謝をアップすることが可能です。体温が1℃上がれば、基礎代謝は10%上がると言われているほど。ムリな運動をしなくても、痩せやすい体を作ることができるのです。

2.腸の動きを活発にして便秘を解消する

朝起きたらすぐに1杯の白湯を飲むのがおススメです。眠っていた腸が動き出すので、便秘解消に効果的です。起き抜けの体はエネルギーが不安定な状態。カフェインを含むコーヒーや紅茶よりも白湯を飲むほうがいいのです。冷たい飲み物は内臓を冷やしてしまいます。温かい白湯なら水分が体に吸収される効果も高くなります。内側から保湿する効果があるので、いつの間にかしっとりしたお肌になっていますよ。

3.余分な水分を排出するデトックス効果にも期待!

内臓の働きが良くなると、食べたものをしっかりと消化できます。老廃物を排出するリンパの流れも良くなるので、老廃物を排出する効果が高まります。老廃物と一緒に余分な水分も排出されれば、むくみも取れてしなやかなボディに。老廃物がなくなれば、ツヤツヤのお肌になります。

正しい“白湯”の作り方は? どのくらい飲めばいい?

誰でも簡単に、コストもかからずできる白湯ですが、作り方にはいくつかのポイントがあります。

【白湯の作り方】

・水をヤカンに入れたら沸騰するまで強火で加熱
・沸騰したらフタを取って蒸気を逃がします
・火は止めず、弱火のまま10分間、じっくりと加熱
・コップに注いだら50℃位まで冷ましてから飲む

沸騰した後も10分程度加熱するのがポイントで、それによって白湯のパワーが高まります。また、飲めば飲むほどいいというものでもなく、1日の適量は800ml程度。朝昼晩に1杯ずつと3時頃に1杯と4回くらいに分けて飲みましょう。

writer:岩田かほり

サプリ
カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP