体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【シェフ直伝】からだの中から春をむかえる準備をするレシピ3選

生活・趣味

突然スケールの大きな話になりますが、宇宙の法則「陰陽原理」によると、陰陽のバランスをととのえ、からだはつねに「中庸」にしておくことが大事なのだそう。

つまり、冷えすぎず、火照りすぎず、バランスよくということですね。このバランスがとれていないと、たちまち頭痛がしたり心が鬱っぽくなったり、心身の不調が目につくようになるのです。

気持ちがあがらないとき、わたしたちはいろんな角度から元気になろうとしますが、食べもので元気になるというのも方法のひとつ! というわけで、からだを「中庸に」もどすようなメニューを提案します。しかも、またまた柿元シェフ(いつもTABIZINEのレシピ記事で筆者がお世話になっています)にお願いして「かんたん、満足感、おいしいもの」というわがままレシピ。これで元気に2月をのりきりましょう!

大根とかぶのきんぴら

ゆううつな2月を元気にのりこえるメニュー

大根とかぶ(かぶは食べ物陰陽表にはのっていませんでしたが中庸の食材)を使用した簡単きんぴらです。いつものきんぴらよりもあっさりしていて、ご飯のおともにもぴったりの一品です。

【レシピ】(2人分)
大根 100g
かぶ 100g
しいたけ出汁 40cc
醤油 15cc
唐辛子 二分の一カケ
塩 適量
ごま油 10cc
黒ごま お好み

1、大根をいちょう切り、かぶをくし切りにします。
2、フライパンにごま油をひいて唐辛子を入れ火にかけます。
3、ごま油が温まったら1を入れ1分ほど炒めます。
4、しいたけ出汁と醤油と塩を入れ水分がなくなるまで炒めます。
5、水分がなくなったら火をとめ、黒ごまをお好みでふりかけできあがり。

玄米とお餅の焼きおいなりさん

ゆううつな2月を元気にのりこえるメニュー

油揚げと玄米とお餅とのりは中庸の食材。それをおいなりさんにして詰めこんじゃおう! と。ちなみにこれ、すごくおいしかったです。まず、お餅がチーズみたい! 玄米にトロリと絡みついて不思議な食感でした。また、ごま油の風味が油揚げの香ばしさをいい具合に引きだしてくれています。おいなりさんの酸味は梅干しで再現しました(梅干しはそのままだと陽性の食材なのですが、火を入れることによって中庸に近づきます)。油揚げの中で蒸し焼きされた梅干しの酸味もまろやかでGOOD!

【レシピ】(2人分)
玄米 80g
焼きのり 二分の一枚
黒ごま お好み
ごま油 小さじ1
塩 ひとつまみ
梅干し 二分の一個
お餅 20g
油揚げ 一枚
ごま油(炒める時につかう用)適量

1、油揚げは湯通しして水を良く切っておきます。
2、ボールに、玄米、黒ごま、ごま油、塩、細かく切った焼き海苔、ほぐした梅干し、細かくカットしたお餅を入れ、混ぜ合わせます。

ゆううつな2月を元気にのりこえるメニュー
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会