体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東洋医学のツボコラム】Vol.2: 《自宅で簡単》今すぐやってみよう!冷え性に効く4つのツボ

【東洋医学のツボコラム】Vol.2: 《自宅で簡単》今すぐやってみよう!冷え性に効く4つのツボ

さむ〜いこの季節…冷え性辛いですよね。

爆弾低気圧のせいもあり、まだ年も明けてないというのにすでにこの寒さ…冷え性の方にはたまったものじゃありません。

冷たいだけならまだマシ!痛い!感覚がない!…

寒い季節には必ずこんな悩みが出てきます。そんな冷え性の方のために、自分で簡単に使える冷え性対策おススメのツボを、なぜ冷え性になるのかという東洋医学的見解とともにお伝えしたいと思います。

東洋医学から見た、冷え性とは…

東洋医学では「脾経(ひけい)」「腎経(じんけい)」という経絡が冷えに重要な関わりがあるとされています。陰陽(vol.1参照)の陽が不足している状態を「陽虚」といいます。

「脾」「腎」の陽気が不足していると熱を作り出す働きが低下し、全身が冷えやすくなります。冷え以外に特徴として

・食欲不振

・疲れやすい

・下痢

・腰膝の軟弱化

・むくみ

…などが挙げられます。

「肝経(かんけい)」という経絡は血液の調整を行っているところなので上記の2つに加え、ここもおさえておくと良いでしょう。

冷え性に効く4つのツボ!

ここで冷え性に効く4つのツボを教えます!

【東洋医学のツボコラム】Vol.2: 《自宅で簡単》今すぐやってみよう!冷え性に効く4つのツボ

1:三陰交(さんいんこう)【脾】

内くるぶしから指4本分あがったところ。すねの骨の際。3つの経絡が交差するところでもあり、重要なツボ。冷え症だけでなく、女性特有の疾患などにも有効。

2:太谿(たいけい)【腎】

内くるぶしとアキレス腱の間。触ると拍動を感じるところ。体内の水分代謝のバランスを良くするツボで、冷えや足のむくみに効果的。 顔の黒ずむ人やシミなどにも良い。

3:太衝(たいしょう)【肝】

足の親指と人差し指足の甲へ向かってなぞってぶつかるくぼみのあるところ。血液のめぐりを改善するツボ。ストレスにも効果的。

4:関元(かんげん)【任】

おへそから指4本分下。おへそと恥骨の間にあり,東洋医学では心身の活力の源である気の集まるといわれているところ。関元は任脈というおなかの正中線を通る経絡にある。

ツボ押しの基本とタイミング

ツボもただ押せばいいというものではありません。

STEP1:リラックスした状態でゆっくり息を吐きながら3秒かけて垂直に押す

STEP2:3秒押したまま

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会