ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

わが子の中学受験で心が折れる親が多いという事実について

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 首都圏の私立中学の受験がほぼ終わった。受験生はもちろん、疲れ果てた親の姿がそこにはある。コラムニストのオバタカズユキ氏が考える。

 * * *
 私が育った千葉県の新興住宅地には、歴史や文化を感じさせるものがなく、東京で働くサラリーマンが寝るための家と、がんじがらめの管理教育の学校と、そこに通う子供の面倒をみる専業主婦がいるだけだった。

 もちろん、商店の家も働く母も、反発して暴走族になる子供も混じってはいたが、大多数は金太郎飴のような「千葉都民」だった。零細卸問屋の息子である私は、千葉都民の千葉都民による千葉都民ための町に馴染めず、早く他の土地に出たくて仕方がなかった。

 そして、東京の同じ町に住んで30年以上になる。千葉のあの町に比べれば、圧倒的に居心地がいい。歴史や文化に満ちており、さまざまな知的職業人が行き交っている。中卒や高卒の職人もけっこういるが、彼らには己の腕一本で食っているプライドがある。みんな目的なく群れることを好まない。こうした個人主義的な風土は、私のような外れ者には都合がいい。

 しかし、だ。東京には居住地として大きな欠陥がある。たとえば、教育環境がそうなのだ。東京は子供が育つ土地として歪んでいる。特に都心部は病んでいるとすら思う。

 私が住んでいる町はぎりぎり山手線の内側だ。今年、近所の公立小学校の6年生は、その6割ほどが私立中や都立中に行く。もう少し都心寄りの隣町は文教地区で、私立進学率8割、9割にのぼる。地元の公立中に進むのは余程親に「私立中は無用」という信念があるか、経済的に苦しいか、どちらかの場合のみである。

 そのような町で、「中学受験をしない」と親が腹を括ることはとても難しい。それなりのレベルの中学に行かせたければ、小学3年生の2月からの通塾が基本形となる。

 小学3年生2月段階で、子供たちの年齢は9歳か、8歳だ。成長の早い女の子の中にはしっかり者もいるが、男の子のほとんどにはまだ幼児性が残っている。自分から将来をどうしたい、といった希望、主体性があるわけもない。中学受験は、ほぼすべて親の意向で始まる。

 最初は親の意向でも、〈なんだかんだ乗り越えていくうちに、自分の意志でゴールに向かうようになる。きれい事じゃなくて、受験が精神的な成長の機会となりえているケースも多いはずだ〉と、当サイトの1月30日掲載コラムで書いた。中学受験を児童虐待のように見る向きもあり、それは違うよ、という意味合いを込めたつもりだ。

 ただ、こうも思っている。中学受験は、保護者虐待だ、と。言葉遊びをしたいのではない。地域環境的に「中学受験をしないわけにはいかない」親たちが、我が子の中学受験のためにかける労力の膨大さを思うと、それはやっぱり行き過ぎだと言いたくなるのである。

 東京の私立中学入試のほとんどは2月6日に終わった。今年度は、私もいくつかの試験会場を覗いてみた。各学校は、体育館や食堂などを付添者控室として開放している。我が子の受験中、親がそこで待機するのである。

 本番当日の控室はどこもピリピリしているのだろう、と想像していた。だが、実際の現場は違っていた。緊張感はあるのだが、それよりも髪を乱したまま机にうっぷしている母親の姿がやたらと目につく。すっぴんママも少なくない。彼女たちの大半は、見るからに疲労困憊していた。

 それはそうなのである。中学受験生を抱えた親は、子供の塾通いと模試受験の繰り返しに長期間、明け暮れる。塾にポンと金を払ったらあとはお任せなんていうのは幻想で、毎日配布される大量のプリント管理、宿題や課題の確認、受験校選びの情報収集と分析と判断、塾の先生とのコミュニケーション、子供のモチベーションアップを図るあれこれ、塾弁(子供に持たせる夕食用弁当)づくり、ときには子供と一緒に問題解き……と仕事が山積みなのだから。

 子供は基本的に自分勝手なモンスターだ。ごく一部の大人な受験生を除けば、親がこんなに支援してくれる自分は恵まれている、自分にできることは精一杯頑張ることだ、なんて殊勝な心がけで受験に立ち向かうわけがない。それどころか、さぼるし、ウソをつくし、逃げるし、泣くし、潰れそうになるし、谷あり谷あり谷ありの連続が、中学受験の平均像なのである。

 そうした逆境に陥るたび、受験生の親は考え込む。「こうまでして志望校を目指させるのは自分のエゴじゃないか」と。それでも受験を続行させるための大義を探す。「子供と真剣に話し合って決めたことだから」「この頑張りがきっといつか将来子供の生きる糧になるから」「文化祭を見に行って、ここに通う!と目を輝かせた我が子の願いをかなえさせたいから」などなど、親自身のモチベーションをキープするための言葉をその都度探す。

 2009年にプロ家庭教師の瀬川松子氏が著書『亡国の中学受験』で「ツカレ親」の実態を赤裸々に報告していたが、本当に中学受験は保護者を心身ともに疲弊させる。苦労が「第一志望合格!」に結実すればいいが、その喜びを味わえるのは全体の2割もいないだろう。過半は、落ちる。第二志望、第三志望に引っかかればいいほうで、お試し受験校以外「全落ち」というケースだって少なくない。

 そうなると、子供も辛いが、まだ幼い子供にこんな辛い思いをさせてしまった自分を責める親は、もっと辛い。比較に意味がないことは当然だが、どっちが辛いかと言うなら、活発な新陳代謝で心の凹みの回復も早い子供より、あれこれ考えて心の複雑骨折をしがちな親の方なのだ。

 インターネットの大規模掲示板に「インターエデュ」がある。大手塾が運営している受験情報サイトだが、2ちゃんねるのように板やスレッドがたくさん配置されているその掲示板を覗くと、疲弊した親たちと出会える。

 関心のある方は、インターエデュのトップページ→総合・中受・Q&Aをクリックしてほしい。その次に現れる一覧表の上方に、「2016年 繰り上げ合格をお待ちになっている方へのメッセージ」というスレッドがあるはずだ。

 これは4年前の我が子の中学受験で希望校すべて不合格、滑り止め校の制服を作った後に、まさかの希望校繰り上げ合格となったハンドルネーム「桜」氏が、毎年ボランティアで立ち上げている、繰り上げ合格情報のやりとりスレッドだ。「桜」氏は大手塾2校の詳細データを持っているそうで、「△△熱烈志望です。今日になっても電話が鳴りません。もう繰り上がりは諦めるべきでしょうか?」といった質問に、一つ一つていねいに返答していく。2016年度版スレッドは2月5日に立ち上げられ、2月11日現在でもう551ものコメントが連なっている。

 そのままの引用は差し控えるが、取り乱している質問者の親が多い。終日、固定電話機の横から離れられないという親もいる。前を向けない自分の不甲斐なさを大勢の親が嘆いている。ずっと読んでいくと、まるでひっきりなしにかかってくる心の電話相談みたいだ。泣ける。

 一部都会限定の話ではある。だが、「中学受験をしないわけにはいかない」町に住んでいるから使い果たした親のエネルギー総量はどのくらいだろう。それは莫大なロスだ、とまでは言わないが、子供がそれなりの主体性を獲得するのは高校受験の頃。親の頑張りをこんなに必要とする中学受験がスタンダードというのは社会病理ではないか、と私は思う。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
漢字の成り立ちや書き順を問うパズルのような中学入試の難問
二字熟語は中学受験で最も出題が多い そんな問題を解いて!
複数の漢字を組み合わせて二字熟語を導く名門中学受験の難問

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP