ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『笑点』山田君も一言だけ これは第2の石坂浩二事件か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)を舞台に取り沙汰された“石坂浩二いじめ”事件は、石坂が番組を降板するという後味の悪い結果を迎えたが、その構図に酷似した事態が、やはり民放を代表する長寿番組で起きていたとの疑念が浮上した。

 今年50周年を迎える『笑点』(日本テレビ系)は平均視聴率20%近くをキープし続ける国民的娯楽番組。その名物コーナー・大喜利で“第2の石坂浩二事件”が発生していたのではないかと囁かれているのだ。日テレ関係者が言う。

「昨年、座布団運び役の山田隆夫さん(59)の冒頭の挨拶が不自然なまでに少なくなった時期があったのです」

 1984年、6代目座布団運び役となった山田。就任当初の重圧について、あるインタビューでこう振り返っている。

〈何がつらかったかというと、冒頭の挨拶。話芸の達人たちが次々とテンポよく面白い話をした一番あとに、素人の私が挨拶をしなければなりません(中略)プレッシャーに押しつぶされそうでした〉

 以来、山田は“マンション経営で大金持ち”、“子作り名人”という自虐ネタを披露したり、歌を歌って盛り上げるなど、“冒頭の挨拶”を大切にし、独特のキャラクターを作り上げ、番組に欠かせぬ存在となったのだが…。

「昨年5月から数か月間、山田さんは“座布団と幸せを運ぶ山田隆夫です”の一言しか言わなくなった。これに笑点ファンから“喋らせてもらえないのか”、“挨拶ぐらいはさせてあげて”、“山田君の挨拶がないのは不自然すぎる”といった声があがりました」(落語協会関係者)

 そうした異論が上がったためか、昨年10月から山田の挨拶は“復活”したのだが、“石坂事件”を機に、「あれは制作側による山田君を降板させるためのいじめだったのでは?」という疑念が再燃してしまったのだ。

 日テレ広報部に話を聞くと「制作の詳細についてはお答えできませんが、ご指摘のような事実はありません」との回答。

 一方の山田の所属事務所は「特に申し上げることはございません。これからも『笑点』の応援をどうぞよろしくお願い申し上げます」と変わらぬ『笑点』愛を語るのみだった。前出の落語協会関係者が、こう話す。

「山田さんは落語協会最高顧問で元大喜利メンバーでもある鈴々舎馬風門下です。だから、簡単にクビになるようなことはないと思います。でも、リニューアルの噂が絶えない笑点だけに、30年以上も出演する山田さんを代えようという考えが制作サイドにあっても不思議ではない」

“山田く~ん、自分の座布団持ってって~”と声がかかる日はそう遠くない?

※週刊ポスト2016年2月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
六代目圓楽 山田隆夫にカップ焼きそばを要求し犬猿の仲に
椅子やソファにも合う新感覚座布団「おじゃみ座布団」
石坂浩二は「鑑定団」収録時無言?に「そんなことはない」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP