ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ペットの生前&死後すべきこと 8才すぎたら年2回健康診断

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大切なにゃんこ&わんこに突然、死の危険が訪れたら――。気が動転し、判断が鈍るのは当然のこと。愛すればこそ、元気なうちから準備が大切だ。まず、8才すぎたら、年2回は健康診断を受けたほうがいい。

 猫や犬の8才は、人間の48~50才にあたる。この年齢になると人間でも不調が表れてくるように、動物も病気になりやすくなり、しかも進行が早い。相模原ブリモ動物病院院長の今井巡さんはこう語る。

「猫も犬も死因のトップはがん。がんは早期発見・早期治療が大切です。そのためにも8才を過ぎたら年2回は健康診断を受けてください」

 また、昨今のペットは太らせすぎる傾向が。肥満は関節痛や心臓疾患の原因にもなり、命を縮めることも。特に不妊・去勢手術を受けた子は太りやすいので、おやつや人間の食べ物を与えすぎないなど、体重管理を心がけて。

 健康診断の重要性は、犬猫の死因上位を見ても明らか。日本アニマル倶楽部調べによると、犬猫とも死因1位はがん。続いて、猫は2位腎不全、3位猫伝染性腹膜炎と続く。犬の死因の2位は心臓病、3位は腎不全と続いていく。大切なペットを病で失わないように、こまめな健康診断を行っていきたい。

 また、考えたくはないが、ペットが余命宣告をされてしまったらどうしたらいいのか。猫や犬は痛みを無言でがまんする。飼い主は彼らがどうしてほしいのかわからないため、どこまで治療すべきか決断は難しいところだが、しっかりと話し合わないと、後悔からペットロスになる可能性もある。

「高齢になるほど手術のリスクは高まります。それでも完治を目指してやれることは全部やる、完治ではなく痛みを和らげる治療をするなど、飼い主様が決めた答えが正解とも言えます。どこまで手間とお金をかけるか、犬猫の年齢が平均寿命に近くなったら、家族で話し合って」(今井さん)

 いつかは訪れる愛するペットとのお別れのとき。そんな日を迎えてしまったらどうしたらいいのか? まずは、役所か民間のペット葬儀専門業者に連絡を。ペットメモリアルの中東学是さんはこう語る。

「体をきれいに拭いた後、体液が漏れても大丈夫なように、箱の中にタオルやペットシーツを敷いて寝かせます。保冷剤をハンカチなどに包んで、お腹と背中に置いて冷やしておきましょう」

 亡くなった、ペットを弔うにはどうしたらよいのだろう? 水や花、生前に好きだった食べ物をお供えするなどしてお別れの準備をまずはしよう。

 民間で行うペット葬の場合、個別で火葬する単独葬(約3万円~)と他家の子たちと一緒に火葬・埋葬する合同葬(約1万5000円~)がある。

「最近は、家族立ち会いのもと、斎場で最後のお別れをしてから火葬し、お骨上げを行う単独立会火葬が増えています。人間のお葬式と同様の進行で丁寧に弔えるので、飼い主のかたも安心してお見送りできます」(中東さん)

 単独葬の場合、霊園に納骨するか、自宅に連れて帰ることもできる。自宅や手元で供養できるようペット用の骨壷や仏壇なども増えている。

 なお、法律上は、自己所有地であれば自宅の庭などに埋葬できる。ただし、その土地を離れる場合、トラブルに発展することもあるので、永遠に眠る地とすることはできない。そのせいか年々ペット霊園を利用する人が増えている。

 最近はペットと飼い主が一緒に入れる霊園も登場しているので、事前に検討を。

「平和会ペットメモリアルの場合、お墓に家名と、ペットの名前、命日を入れられます」(中東さん)

※女性セブン2016年2月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ペット専門の健康保険 診療費の7割または5割負担する仕組み
「ネコ引っかき病」の恐怖 人間のリンパ節が鶏卵大に腫れる
次々に登場ペットの美容ビジネス 酸素カプセルや炭酸泉スパも

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP