ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おうちでバー気分! ヨーグルト酒コラボの『ひまわりコーヒーリキュール』がウマすぎた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

女性向けのお酒開発に力を入れている高知県の『菊水酒造』から発売されている『ヨーグルトのお酒』と、同じく高知県にある『ひまわり乳業』とコラボした『ひまわりコーヒーリキュール』。これがウマすぎてびっくりした。

身近で手にはいる!

しかも、手に入れたのは首都圏に展開するスーパーマーケットのいなげや。スーパーで売ってるアルコール飲料って炭酸系ばっかりで、あまくて飲みやすいお酒ってなかなか見つからないから、こういうのを置いてくれるのはすごくうれしい!
ちなみに『菊水オンラインショップ』ではどちらも308円(税込)とお手ごろ価格だ。

ヨーグルト×日本酒

『ヨーグルトのお酒』。正直、はじめは少し心配だった。だってヨーグルトが日本酒くさくなったら「それおいしいの?」って思うでしょ? ところが開けてびっくり、飲んでイイ気分。日本酒とヨーグルトぜんぜんあり!

バニラの香りがたまらない!

まず香ってくるのがバニラのあまい香り。この時点で”おいしいセンサー”がグンと反応してる。そして口に含んでみると、とろけるようなヨーグルトの風味。うん、おいしい。ていうか、気づくとハマってる。

まるで飲むヨーグルト!濃厚スッキリ!

味も濃厚ながらスッキリしていて、口当たりがとろりなめらか。飲むヨーグルトを飲んでいる感覚。ぐいぐい飲んでいると、いつの間にか気分も”とろん”としてくるぞ!

ほのかなアルコール

アルコール分は5度以上6度未満。だいたいビールと同じくらいだ。お酒は、炭酸を入れるか、アルコール度を高くすることで飲料感を刺激する。ここまで低いアルコール度数でこの飲みごたえを味わえるのはうれしい。

コーヒー×日本酒

こちらもおなじスーパーで手に入れた『ひまわりコーヒーリキュール』。アルコール度数もヨーグルトと同じく5度以上6度未満と、女性にやさしい仕上がりとなっている。

コレ、お風呂あがりのコーヒー牛乳だ

香ってくるのは昔懐かしい、そう”銭湯で飲んだコーヒー牛乳”の香りだ!あぁなんてあまくやわらかい香りだろう。がぜん飲みたくなってくる。

飲んでみると、やはりコーヒー牛乳! そして昔飲んだコーヒー牛乳より少しコーヒー感の強い、まさに“大人のコーヒー牛乳”といったところだ。

大人のコーヒー牛乳でほろよい気分

そこを支える日本酒のほのかなアルコール。のどを少しあたたかくしながら”ほろよい”にしてくれる気持ちのいいお酒だ。

ただ、コーヒーリキュールは、アルコールがのどに残る感覚。どうにかならないものか……。

そうだ、ホットコーヒーにしよう。

レンジでチン!

おおお……うまいぞコレ!アルコール分がなめらかになって、日本酒の”あつかん”のようなのしたざわりに。コーヒーにも丸みが増してイイ感じ。ていうか、今回飲んだなかでダントツのうまさ。なにより、体が芯から温まる。これは来年の冬もまた飲みたい!

おうちでゆっくり飲みたいお酒

”ヨーグルト×日本酒”
”コーヒー×日本酒”

どちらも満足のいく一本になっている。菊水酒造がホームページで『女性にオススメ』とうたっているだけあって、女性に飲んでほしいお酒だ。
女子会もこれがあればさらに盛り上がることマチガイなし!

ちなみに高知県にあって『純米大吟醸 菊水』を作っている『菊水酒造』と、新潟県にあって『ふなぐち菊水一番しぼり』を作っている『菊水酒造』はまったくの別会社だから、会話のネタにするといいぞ!


『ヨーグルトのお酒』。見るからにオシャレ。


グラスに注ぐとヨーグルトの成分が沈殿する。


強すぎず弱すぎず、アルコール分がちょうどいい。


『ひまわりコーヒーリキュール』。ビンのコーヒーっていいよね。


見るからにコーヒー。期待が高まる。


コーヒーと「酒精」。ありそうでなかった。


レンジに生活感があふれてる……。

※お酒は20歳になってから節度を守って飲みましょう。

※画像は全て著者撮影

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: nikkumanex) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP