ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

昔は飲み物だった? バレンタインデーに知りたいチョコレートの雑学

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今日は一年で一番、チョコレートがやり取りされるバレンタインデー。チョコレートを贈り合うのは日本だけの風習ですが、こんな日こそ普段何気なく食べているチョコレートについてもっと知ってみませんか?

チョコが固形になったのは19世紀から

チョコレートが今のような固形の形となったのは1800年代のこと。それまでチョコレートは、ドリンクとして楽しまれていたそうです。やがてケーキなどに加工されるようになったことで、板状、タブレット状のお菓子としても食べられるように。酸味や苦味が混ざった複雑な甘さは、さまざまなケーキにアレンジされました。

苦味を活かしたものから甘さを追求したものまで、チョコレートケーキのバリエーションは多彩です。チョコレートのスポンジでガナッシュ(チョコクリーム)をサンドした「ガトーガナッシュ」、ふわっとしたやさしいくちどけが人気の「フォンダンショコラ」、ミルクチョコレートの風味がいきたどっしりした味わいの「ショコラクラシック」、チョコムースとスポンジを組み合わせた「ムース・オ・ショコラ」、チョコレート生地にナッツやシナモンを加えて焼いた「ブラウニー」などが有名です。

「クーベルチュール」って何?

ケーキ作りが趣味なら、「クーベルチュールチョコレート」を使ったことがある人もいるでしょう。クーベルチュールチョコレートとは、カカオバターの含有量が31%以上と高く、加工しやすいのが特徴の製菓用チョコレートのこと。一般に市販されているチョコレートはカカオバター以外の油脂や乳成分などが添加されている場合が多いのですが、クーベルチュールチョコレートはカカオ本来の味を楽しめます。スイート、ミルク、ホワイトの3種類があるので、それぞれのお菓子によって使い分けましょう。

おすすめのレシピ

生チョコのレシピ | 料理サプリ

ラム酒トリュフのレシピ | 料理サプリ

ガトーショコラのレシピ | 料理サプリ

とろけるフォンダンショコラのレシピ | 料理サプリ

イタリアンチョコレートケーキのレシピ | 料理サプリ

料理サプリニュース
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
料理サプリニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP