ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

知っておきたい犬のがんの治療と予防!

  • ガジェット通信を≫

犬の病気TOPはがん。気になる治療法は? 

最近は、人と同じように犬も長寿になり、生活習慣病、がんなど様々な病気が見られるようになりました。犬種によって起こしやすい病気の種類も違ってきますが、一部の特殊ながんを除いては、高齢に伴い発見されることがほとんどなので、犬の病気で一番多いのはがんといえるでしょう。

がん治療は基本的に、目に見えるがんや体から取り出せるがんを手術で摘出する外科治療、放射線を当ててがん細胞を減らしていく放射線療法、抗がん剤でよるがん細胞を減らしていく化学療法の3つになります。

がんと一括りにしても、乳がん、皮膚がん、肝臓がん、血液のがんなど種類は様々で組織型によっても病気(病名)は違ってきます。それぞれのがん特性に合わせて3つの基本治療を組み合わせて治療が始まります。

たとえば、鼻の扁平上皮がんは外科治療+放射線療法、脾臓に見つかったリンパ腫は外科治療+化学治療、全身のリンパ腫は化学療法といった治療が行われています。            

ただ、外科治療と放射線治療は麻酔を必要としますし、化学療法は抗がん剤の副作用もあり、体力的、年齢的に不安のあるワンちゃんには難しくなってきます。また、がんが全身に及んでいる場合は治療が難しくなります。そこで補助治療として、サプリメントや緩和療法など様々な治療が組み合わされることが多いです。

避妊・去勢手術で予防できるがんは?

人と同じように生活バランスの崩れやストレス、運動不足などもがんの原因になるので、規則正しい生活と食生活を心がけましょう。また、乳がんや子宮・卵巣がんは、早期の避妊手術によりホルモンの影響が抑えられることで、がんの発生リスクを抑えることができます。精巣がんも去勢手術により精巣を摘出することで、高齢になって多い精巣がんの予防にも繋がります。

こんな症状があったら受診を!早期発見のポイントとは?

完全にがんを予防することは不可能ですが、飼い主さんが犬のがんの発症するリスクを最小限に抑えるためにできることはたくさんあります。

日々の生活の中で以下の点に注目しておくと、変化があった場合もすぐに気づくことができるでしょう。

・体重管理→増減が激しければ体調に問題がある可能性があります。

・スキンシップ→毛で被われてるのでブラシや撫でてあげて、皮膚に凸凹がないか観察しながら全身を触ってあげると、小さいシコリを発見することがあります。

・その他の観察ポイント→便の状態、尿の状態、呼吸の状態、食欲が落ちていないか、元気があるのかなど。

皮膚などの体表部はしこりやできものから、消化器系のがんは便の状態(血便など)から、早期発見することができます。しかし、血液系や体内の臓器腫瘍は家庭での発見が難しいので、動物病院での定期的な健康診断を加え、早期発見を心がけましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

メスの犬に多いらしい「乳腺腫瘍」ってどんなもの?
知っておきたい、メス犬特有の「子宮蓄膿症」について
慢性化に注意!犬の膀胱炎

Doctors me
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP