ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

360度画像が簡単に撮れる!超リーズナブルなスマートターンテーブル「Foldio360」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フィギュアや雑貨小物などの、全方位撮影に便利なターンテーブル。

専用のソフトウェアや必要な機器を含めると、金額は100万円単位。利用するのは主にプロのフォトグラファーで、素人にはとても手の届かないものだ。

そんな“高嶺の花”が、とてつもなくリーズナブルな値段で購入できるようになった。それが今回ご紹介する、万人のためのスマートターンテーブル「Foldio360」だ。

・ターンテーブルからスマホ、デジカメに直接接続

プロ仕様のカメラやソフトを必要としない本品。BluetoothとIRセンサーで、手持ちのスマホかデジタル一眼レフカメラに直接接続。あとはアプリを使って、楽々撮影という流れだ。

手順は、ごくシンプル。本体に対象物を置いたら、アプリを立ち上げて、スタートボタンを押す。ターンテーブルが回転を開始すると同時に、撮影も自動で進行していく。

撮った写真は、最終的に360度の画像として結合。高度な技術がなければ作れなかった回転画像も、これ1つで簡単に作成することができるのだ。

・光の境界線を自動消去

うれしい機能は、まだまだある。撮影中にどうしても出てしまう、背面の光の境界線を消去する“HALO EDGEライトシステム”を採用。プロ並みの画像に、仕上げてくれる。

画像を活用したい人のために、専用プラットフォームも用意。オンライン上に写真をアップロードしておけば、いつでも任意の場所に画像を埋め込むことができる。ほぼすべてのウェブサイトと互換性があるので、Instagramやブログ、オンラインストアなど、あらゆる場面での利用が可能だ。

気になるお値段は、プレオーダーで89ドル(約1万円)から。超破格値のせいか、早割セットはすでに完売。人気はまだまだ上がりそうなので、早目の注文が吉だ。オーダーはKickstarterにて、4月1日まで受け付けている。

Foldio360/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP