ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【研究結果】友達は、運動と同じくらい健康に大切

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Elite Daily」で紹介されているのは、友人を持つことによる「健康」へのポジティブな効果。「ちょっと言い過ぎでは?」と思う意見もありますが、大学の研究で証明されているようなので参考にしても良さそう。これからは、“友人健康法”がオススメ!?

社会的孤立=健康への悪影響

今日、運動をするためにジムに行きましたか?あなたに仲のいい友人がいるなら、別に行かなくても大丈夫ですよ。

ノースカロライナ大学チャペルヒル校の研究によると、友人との関係を充実させることは、運動するのと同じくらい健康にとって重要なのだとか。

研究者によれば、社会的に孤立している人は、身体的に活発でないため、肥満や炎症、高血圧などのリスクが高くなり、健康問題を抱える可能性が高くなると言われています。

興味深いことに、人生における様々なステージにおいては、異なるタイプの人間関係が問題となります。若い世代にとっては、大きな社会的ネットワークを持っていることが、健康において重要なこと。一方、中年世代は、人間関係の広さよりも、その関係性の良し悪しを重要視します。

幅広く社会的な交友関係は
食事や運動と同じくらい重要

研究者Kathleen Mullan Harris氏は、このように指摘しています。

「若年層にとって、人付き合いや社会的スキルを身につけることは、健康的な食事や運動と同じくらい重要であるべきです」

社会的孤立についての研究は、他にもあります。以前までの研究では、「孤独」を感じることは、肥満の2倍ほど死亡リスクがあると考えられています。非常に恐ろしいことです。

だから、私が勧めるのは「友人と一緒に運動すること」。そうすれば、あなたはずっと健康でいられるはず。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

誰からも愛される、魅力的な人「11の共通点」
成功者が、朝6時前から活動を始める「6つのワケ」
音楽を聞きながら作業をすると、記憶力・集中力が上がる(米研究)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP