ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子どもにしか見えない「イマジナリーフレンド」って知ってる?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『となりのトトロ』と『妖怪ウォッチ』。有名な2つのアニメには共通点があります。答えは「子どもにしか見えない友だち」がいること。そんな空想上の友だちのことを“イマジナリーフレンド”と呼びます。一説には3歳〜7歳の子どもの内、半数程度が持っていると言われています。

ところが、何せ頭の中にしかいないため、まわりからはどんな姿をしているのかわかりません。そこで、どんな友だちなのかイラストにしてもらったのがコチラ。

Eva Wood(9)が描いてくれたのは、紫色のたてがみにカラフルな流線模様を体にあしらった、ライオンの「Swerl」。とぼけた表情がかわいらしいですね。

じつはこのイマジナリーフレンド、大人になる過程で大抵は姿を消してしまうそう。子どもが持つ創造力のカタマリとも言える損座ですが、忘れてしまうなんてもったいない!そこで、世界の名だたるクリエイターの手により、この友だちを立体化するプロジェクトがイギリスで始まりました。

ライオン「Swerl」の立体化にチャレンジしたのは、ロンドンのアニメ製作会社Picasso Pictures。Evaの前に現れた「Swerl」の姿がこちらです。

イラストのまま、現実世界に抜け出してきたかのような出来栄え!頭をなでる彼女も、立体化された友達を前に嬉しそうにしていますね。

じつはこれ、イギリスの広告制作会社「AMV BBDO」と「ヴィクトリア&アルバート子供博物館」が手を組んだ展示企画、「The Imaginary Friend Collection」の展示品。全部で6体あります。

Evaの友だちはかわいいライオンでしたが、なかにはちょっと心配になってしまうビジュアルの子も。イラスト⇒立体化の順番に紹介していきましょう。なかには日本人クリエーターの名前も!

右手に花、左手に…雲?
3つ目の友だち「CHLOE」


Mable Brim(7)のイマジナリーフレンドは、ちょっと不思議な女の子「CHLOE」。左手に乗せた雲にはいったいどんなメッセージがあるのでしょうね?おでこにパッチリ開いた目も特徴的です。

「CHLOE」を制作したのは、ロンドンのクリエイティブスタジオ「Blinkink」。著名なクリエイター・Becky&Joeの手によるもの。

息子の友だちだったら不安…?
彼の名前は「Monster」



4本の青い腕と、4本の黄色い足。2本の手でテニスをしながら、残りの2本でバナナを食べ、緑色の鼻水を垂らしつつ、こちらを見つめる目はまたしても3つ。見ての通りですが、名前はやっぱり「Monster」。

Leo Georgiou(5)の表情を見るかぎり、どうやら悪友の模様。制作したアードマンは、日本でも有名な『ひつじのショーン』や『ウォレスとグルミット』を制作したアニメーションスタジオ。そのユーモラスで憎めないデザインには、どことなくらしさが感じられますね。

知的なメガネの「Jamie」は
どーもくんと関係あり!?


『妖怪ウォッチ』や『ポケットモンスター』あたりに出てきてもおかしくない、キツネの「Jamie」は、Lily Whitby(8)のイマジナリーフレンド。知的な丸メガネが特徴的なこの友だちは、NHKのマスコットキャラクターとして人気の『どーもくん』の生みの親、スタジオ「ドワーフ」によるもの。

あの未確認生物「nessi」は
彼の頭の中にいた!


ずいぶんと毛むくじゃらな恐竜の友だちですね。その見た目どおり、彼につけられた名前は「Nessi」。そう、あの未確認生物・ネッシーです。Julio Sanzはどうしても一目見たくて、頭の中に思い浮かべてしまったのかもしれません。

ちなみに制作は、ニューヨークのフィルムスタジオ「Psyop」。

ファンタジックな
シマシマ猫「Lilly」


白黒のコントラストが特長的な猫の「Lilly」。Ruth Fekadeが描いたイラストを立体化。先ほどのネッシーと同じく、こちらも「Psyop」が手がけました。

どれもこれも個性的なイマジナリーフレンドばかり。頭の中から現実に飛び出してきたキャラクターに触れる子どもたちは、みんな嬉しそうなのが印象的。

心理学や精神医学の観点からは、解離性同一性障がいの症状でもあると言われているものの、彼らにとっては、人間の友だちと何ら変わりない大切な存在です。動画では、彼らと接する子どもたちの表情が見れます。ぜひその様子を見てみてくださいね。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP