ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

焚吐(たくと)、ファンの声に応え「子捨て山」MVを制作

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年末にTBS系アニメ「ヤング ブラック・ジャック」のエンディングテーマ曲「オールカテゴライズ」で、若干18歳でメジャーデビューした新世代のシンガーソングライター焚吐。同曲を収録したデビューシングルを購入したファンから、C/W「子捨て山」の楽曲・歌詞の絶賛の声がSNS上で日増しに増えていき、待望のミュージックビデオが制作された。

「子捨て山」は焚吐自身が作詞作曲し、編曲はボーカロイドベストへも収録経験があり、現在期待の若手ボカロPとして注目されているカラスヤサボウ。そして、ミュージックビデオは、イラスト、漫画、映像制作を軸にデジタル、アナログ、絵柄問わず幅広い作風を持ち「テロル」(詞曲Neru)や、りぶ『Riboot』収録、「人生は吠える」の映像制作を手掛けた、りゅうせーだ。 [ロック×ボカロ×アニメーション]の化学反応が楽しめる作品である。

「子捨て山」ミュージックビデオ
https://www.youtube.com/watch?v=QKweHMcceIs

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP