ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「歯舞」よりレベル高い「ニュース難読漢字」をテスト

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 島尻安伊子・沖縄北方担当相が「歯舞諸島」が読めずに話題になった。だがニュースには難読漢字が山ほどある。大人力コラムニストの石原壮一郎氏が、みなさんが恥をかかないようチェック問題を作ってみた。

 * * *
「ハボ、ええっと、なんだっけ……」のひと言は、日本中を驚愕と苦笑の渦に巻き込みました。「歯舞」の漢字が読めずに言葉に詰まったのは、よりによって北方領土問題を担当する島尻安伊子・沖縄北方担当相。正解はもちろん「ハボマイ」です。

 かつては麻生太郎元首相が「未曽有」を「ミゾウユ」、「踏襲」を「フシュウ」など大胆な読み間違えを連発して、日本国民を不安に陥れました。大人にとって漢字の読み間違えは、一気に評価を下げたり「なるほど、そういう人だったのか」というレッテルを貼られたりする極めて恐ろしいアクシデントです。

 事情通を気取ったつもりが大恥をかいてしまうなんてことにならないように、「読みづらいニュースな固有名詞」の読み方を押さえておきましょう。というわけで、あなたの「大人の漢字力」をチェック。次の10の固有名詞はなんて読むでしょうか。

1.野村空生
2.平昌オリンピック
3.東倉里
4.志発島
5.有安杏果
6.川谷絵音
7.川内原発
8.菅義偉
9.忽那汐里
10.楚辺通信所

 はい、お疲れさまでした。では答え合わせです。

 1の野村空生の読みは「ノムラタカキ」。現在「清原の元同僚」として大ブレイク中の野村貴仁氏が、巨人在籍中の2000~2001年に使っていた登録名です。2は2018年に開催される冬季オリンピックで、平昌は「ピョンチャン」と読みます。3の東倉里は「トンチャンリ」。今月7日に北朝鮮がミサイルを発射したとされる発射場がある場所です。

 島尻沖縄北方担当相にもぜひご記憶いただきたいのが、4の志発島。読みは「シボツトウ」で歯舞群島を構成する島のひとつ。同じ歯舞群島仲間では「秋勇留島(アキユリトウ)」や「勇留島(ユリトウ)」も覚えておくと、何かのとき(何のとき?)に威張れます。

 5の有安杏果は、人気絶頂のアイドルグループ・ももいろクローバーZの一員で「アリヤスモモカ」と読みます。担当はグリーン。6の川谷絵音は復習問題。そもそものグループ名のせいもあって、さんざんゲス呼ばわりされたこの男性の名前の読み方は「カワタニエノン」です。

 7の川内原発の川内も、2014年11月に宮沢洋一経産相(当時)が「カワウチ」と読んで大恥をかきました。正しくは「センダイ」で鹿児島県にあります。8の菅義偉は、ニュースに登場しない日はない内閣官房長官。「カン」ではなく「スガヨシヒデ」です。

 9の忽那汐里は、ドラマ「鴨川食堂」でショーケンとの共演が話題を呼んでいる注目の女優。「クツナシオリ」と読みます。10の楚辺通信所は、沖縄にあまたある米軍基地のひとつで「ソベツウシンジョ」。通称象の檻。耳になじみがある普天間(フテンマ)や辺野古(ヘノコ)は読めたとしても、ここや慶佐次(ケサジ)通信所はちょっと高度です。

 さて、あなたは何問正解でしたか。判定は以下のとおり。

全問正解-すごいけどちょっとどうかしているマニアックな大人
7~9問正解-どこに出しても恥ずかしくないニュース通な大人
4~6問正解-相手を選べば大きな顔ができるやや物知りな大人
1~3問正解-それはそれでべつに気にする必要はない平和な大人
0問正解-ニュースの話はしないほうがいい浮世離れした大人

 よかったら、同僚や友達に出題してみてください。普段から「俺に言わせりゃ」的な言動が多いタイプに、とくに解いてほしいですね。あるいは、そういうタイプに「あれって、なんて読むんだっけ。ほら、北朝鮮がミサイルを発射したトンなんとか……。お前なら知ってるだろ」と話を振って窮地に陥れるのも一興です。もし「トンチャンリだろ」と見事に答えたら感心すればいいだけなので、こちら側にリスクはありません。

 そうそう、オマケにもう1問。歯舞を読めなかった島尻安伊子大臣の名前は、なんて読むでしょうか。正解は「シマジリアイコ」。じつは今初めて知った方も、昔から知っていたような顔をしつつ「歯舞を読めなかったシマジリアイコってさあ」と、必要がない場面でもきちんとフルネームで呼んで、大人の教養をアピールしてください。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
クイズ番組初出演で苦戦の勝間和代氏をテレビ局関係者が擁護
特技は催眠術 西日本放送出身の美人キャスターを撮りおろし
さりげなく使えば賢く見られる 知って損はない難読四字熟語

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP