ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

藤原紀香 愛之助に贈ったピンクの胡蝶蘭がもたらした波紋

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「おめでたい話はありそうですか?」。記者からの呼びかけに見せた無言の笑顔は、順調交際を感じさせるものだった──。1月28日、自身が出演する歌舞伎の制作発表会見に登場した片岡愛之助(43才)。

 昨年6月、藤原紀香(44才)との熱愛が発覚してから、8月に愛之助がブログで交際宣言。最近では「2016年内に結婚」「ゴールインは3月頃」と具体的な日取りまで話が進んでいるという一部報道もあった。兵庫・西宮市出身の紀香との“結婚”は、愛之助の地元・大阪でも応援する声が大きい。

「大阪の上方歌舞伎は、最近客入りがようないんですわ。もし紀香さんが奥さんになったら、歌舞伎ファンだけやなく、これまであんまり歌舞伎に興味がなかった人も“紀香さんがいるかもしれないし、見れたらラッキー”って劇場に足を運ぶことも多くなるんやないの? 彼女は自然に関西弁ができるところもよう受け入れやすいし、もう祝福ムードです」(歌舞伎関係者)

 年末の京都南座、年が明けてからの大阪松竹座での公演にも顔を出し、“ご贔屓筋”と呼ばれる後援会関係者の前では愛之助を「若旦那」と呼ぶなど、気遣いを見せていた紀香。一気にスピード婚という向きもあったが、事態はそう単純ではなさそうだ。

「愛之助さんはすぐにでも結婚したいと考えているそうですよ。それに、結婚後も紀香さんには仕事を続けてもらって、お互い刺激し合って夫婦としてやっていきたいと思っているみたいです。歌舞伎役者と結婚したら妻は裏方に徹して、ということはよくいわれますが、愛之助さん自身は養子ですし“愛之助という名前は一代で”という考えもあるようですから、これまでとは違った役者夫婦のカタチになるかもしれませんね。とはいえ、梨園には伝統やしきたりを重んじる人も多い。そんな考えのふたりに結婚は“ちょっと待った!”という声があがっているんです」(芸能関係者)

 事情を知るある梨園の妻は、匿名を条件に語る。

「前田敦子さん(24才)も、尾上松也さん(31才)との破局理由の1つには、歌舞伎役者の妻になることに不安があったとも聞いています。いくら愛之助さんの意向とあっても、芸能界で活躍しながら“梨園の妻”を務めるのは、紀香さんには相当きつい茨の道だと思いますよ」

 歌舞伎の演目は、頻繁に上演されるものだけで約50種類、総数は200を超える。すべてのタイトルや内容、重要な役柄といったポイントを押さえておかないと、ご贔屓筋との会話でふと話題にのぼったときに答えられず、“あのお嫁さんは何も知らないのね”と後ろ指を指されかねない。加えて、古めかしい言葉などが日常会話に頻繁に登場するため、“知識”を持ち合わせている必要もある。それだけじゃない。

「歌舞伎の世界では“舞台は夫の職場、会場のロビーや客席は妻の仕事場”といわれています。夫が舞台に立つとき、ロビーや客席に出向いてご贔屓筋に挨拶するのが妻の役目。このとき、ご贔屓筋の奥さまがたや、序列が上の役者の奥さんより華やかで高価な着物で目立ってはいけません。

 かといって、あまりに地味な安物の着物では“本物じゃないわ”と陰口をたたかれる。微妙なさじ加減が求められるんです。それに、紀香さんに関しては交際当初の失敗を、今でもうるさく言う人たちが結構いるんですよ」(前出・ある梨園の妻)

 愛之助の交際宣言直後、こんな出来事があった。

「愛之助さんの舞台に紀香さんがピンクの胡蝶蘭を贈ったんです。それは楽屋に置くような小さなものではなく、ロビーにでかでかと紀香さんの名前をそえて飾られていた。愛之助さんには“愛之助おばちゃん”と呼ばれる、愛之助さんと疑似恋愛をしている熱狂的なファンが多くいるんです。その人たちは、愛之助さんが得意とする演目『鯉つかみ』で着る衣装に似た、大きな鯉が描かれた特注の着物で劇場に足を運ぶほどの熱の入れようです。

 そんな人が多く集まるロビーに、胡蝶蘭が届いた。しかもピンクの胡蝶蘭の花言葉は“あなたを愛しています”です。紀香さんにとっては当たり前の心遣いでしょうが、ファンは過剰に反応してしまった。そういうことを引きずる世界ですから、すごく難しいんです」(前出・ある梨園の妻)

※女性セブン2016年2月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
藤原紀香と片岡愛之助 紀香のマンションで「同棲愛」報道
熱愛発覚の藤原紀香&片岡愛之助 出会いはNPO、7月から共演
藤原紀香 愛之助も出演する新ドラマで新米バスガイドに挑戦

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP