体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

早咲き日本一!熱海桜と梅で春を先取り♪おススメ観光スポット8選

早咲き日本一!熱海桜と梅で春を先取り♪おススメ観光スポット8選 第72回熱海梅園梅まつり

寒い冬はまもなく終わり、春がやってきます。梅が春の到来を告げ、その後に楽しみなのがなんといっても桜です。日本各地の桜の中でも最も早咲きと言われているのが熱海の桜。

しかも、1ヶ月に渡って楽しめるのもここの桜の特徴です。熱海の梅や桜を愛でた後は温泉やご当地のグルメ、パワースポットも一緒に巡ってしまいましょう。おすすめの観光スポットをご紹介します。

★東京から熱海へのアクセス★

東京駅から熱海駅まで1時間35分。片道1940円~。

新幹線利用の場合は50分、片道3670円(自由席)

1.第72回熱海梅園梅まつり

ふんわり梅の香に包まれる、しっとり春色散歩。

第72回熱海梅園梅まつり

色とりどりの梅が咲き誇る園内で、 一足早い春を感じて

開催期間★1月9日(土)~3月6日(日)

59品種・472本の梅が咲き誇り、早咲き、中咲き、遅咲きと、順番に開花するので、期間中梅を存分に楽します。また、足湯や土産店などもオープンするので、観光スポットとしても◎。日によってイベントも開催されます! 第72回熱海梅園梅まつり

TEL/0557-85-2222(熱海市観光協会)

住所/静岡県熱海市梅園町8-11

営業時間/3/6(日)まで8時30分~16時

料金/入園料 一般300円※中学生以下は無料、市民・市内宿泊者は100円

アクセス/JR来宮駅より徒歩10分

「第72回熱海梅園梅まつり」の詳細はこちら

2.あたみ桜 糸川桜まつり

冬を一気に飛び越えて。早春を感じる桜景色。

あたみ桜 糸川桜まつり 開花期間が1カ月以上と長いのも、あたみ桜の特徴だ。

開催期間★1月23日(土)~2月14日(日)

沖縄のカンヒザクラと並び、あたみ桜は早咲き日本一と言われています。1月下旬頃から見頃を迎え、おまつり期間中は、ライトアップ、桜茶のサービス、大道演奏などのイベントが開催予定です。誰よりも早くお花見を楽しんじゃいましょう♪ あたみ桜 糸川桜まつり

TEL/0557-85-2222(熱海市観光協会)

住所/静岡県熱海市銀座岸町

営業時間/2/14(日)まで、イベント10時~15時、ライトアップ17時~23時

アクセス/JR熱海駅より徒歩15分

「あたみ桜 糸川桜まつり」の詳細はこちら

3.家康の湯

熱海駅前の観光スポット!徳川家康も愛した熱海の湯が楽しめる足湯。

家康の湯 タオルの自販機があり、 100円で購入可能だ

熱海駅ロータリーにある足湯は、徳川家康来熱400年を記念して作られたもの。駅のすぐそばなので、電車の待ち時間に利用するのも◎。 家康の湯

TEL/0557-86-6218(熱海市役所観光建設部都市整備課)

住所/静岡県熱海市JR熱海駅ロータリー

営業時間/9時~16時

定休日/なし

「家康の湯」の詳細はこちら

4.藍花

熱海観光の合間にどうぞ♪和カフェで味わう、淹れたて自家焙煎珈琲。

藍花 人気の白玉クリームあんみつ (980円)
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会