ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

みんな知ってる? 虫歯を防ぐ“キシリトール”の基礎知識

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“キシリトール”といえば、キリッと引き締まる清涼感いっぱいのガムやタブレットをイメージする方が多いのではないでしょうか。キシリトールは虫歯予防にも効果があると言われますが、それはどうしてか知っていますか? ここでは、虫歯予防に効果的なキシリトールの特徴や効果をご紹介します。

“キシリトール”は人工甘味料のひとつ

ガムやタブレットなどに使われることが多いキシリトールは、人工甘味料のひとつです。もともとは糖アルコールとして自然界にも広く存在する成分でもあります。例えば、イチゴやカリフラワー、ナスなどの野菜やフルーツにもキシリトールは含まれています。ガムやタブレットの甘みとして使われるキシリトールは、工業的に製造されたものですが、自然界に存在するキシリトールと同じ構造です。つまり、キシリトールは食べても安心な甘味料。同じような糖アルコールには、ソルビトール、マンニトール、マルチトールなどがあります。

どうして“キシリトール”が虫歯予防にいいの?

虫歯の原因は、ミュータンス菌といわれる細菌です。ミュータンス菌には糖分を分解する働きがあり、その過程で酸を作ります。この酸が虫歯の原因となってしまうのです。キシリトールはミュータンス菌に分解されない特性があるので、酸が作られることもありません。そのため、キシリトールが虫歯予防に適していると言われるのです。基本的にすべての糖アルコールは同じような特性を持ち、食べても虫歯の原因にはなりません。

それでは何故“キシリトール”が虫歯予防におススメ?

キシリトールの特性は、虫歯の原因とならないだけではなく、さらに虫歯の発生・進行を防ぐ働きもあるのです。そのひとつがミュータンス菌の増殖を防ぐこと。また、ミュータンス菌の棲家となり増殖を促すプラークを減らす働きもあります。これが、キシリトールを含むガムなどを食後に食べるといいと言われる理由です。キシリトールを含む商品には、「歯の再石灰化を促進する」などと記載されているものもありますが、キシリトールにはカルシウムと結合することで、虫歯になってしまった歯の修復(再石灰化)を促進する働きもあります。糖アルコールの中でも、このような働きがあるのはキシリトールだけです。

虫歯の原因にならないだけでなく、虫歯の発生・進行を防ぐキシリトール。ぜひ、虫歯予防に取り入れてみてください。キシリトールが50%以上含まれたガムなどを食後によく噛むのがおススメです。ただし、キシリトールの表示があっても、糖分などが含まれているものもあるのでよく確認してください。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP