ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

赤ちゃんを産湯に入れない!?「ドライテクニック」って何?

  • ガジェット通信を≫


ドラマなど、昔のお産の場面などで産婆さんが、生まれたての赤ちゃんのために、「産湯(うぶゆ)を用意して!」などと言っているのを聞かれたことはないでしょうか?

産湯とは、生まれたばかりの赤ちゃんを洗うための入浴のためのお湯です。 赤ちゃんが生まれてから、体を拭いたり、お湯で洗うことは、長く行われてきました。

しかし、近年、生まれたて赤ちゃんに対するドライテクニックという手法も盛んとなってきています。

今回は、このドライテクニックの方法とメリットについて医師に解説していただきました。

赤ちゃんを産湯に入れない、ドライテクニックって?

「ドライ=乾いた」という名前が示すように、ドライテクニックは生まれたばかりの赤ちゃんを、従来のように産湯にはすぐ入れず、あたたかいタオルなどで、赤ちゃんの体についた血液や羊水、胎便などをぬぐういうケア方法です。

そのため、赤ちゃんが沐浴をして体を洗うことを始めるのは、生後4、5日目頃からになります。

このドライテクニックは、病院や産科医院で扱われることが多くなってきています。

ドライテクニックのメリットとは?

生まれたての赤ちゃんの体は、胎脂(たいし)という脂に厚く覆われています。

白や、黄色、灰色に見える胎脂がついていると、汚れているようにもみえますが、実は赤ちゃんの肌を守る役割をしています。

この胎脂を取りすぎないことで肌トラブル(湿疹など)を軽減できる、というのがドライテクニックの主なメリットとなります。

胎脂には以下のような役割があります。

・感染や乾燥を防ぐ

もともと肌には、表皮や角質層があり、外からの細菌や異物などの進入を防いだり、乾燥を防ぐバリア機能を持ち、内部を守っています。生まれたての赤ちゃんの肌は弱いため、大人のようにそのバリア機能をもちませんが、胎脂があると、それらが皮膚のバリアとなって、感染や乾燥を防いでくれます。

・体温低下を防ぐ

赤ちゃんは、外気の気温に反応して、体温が下がりやすいのが特徴なのですが、胎脂があることで、赤ちゃんの体温低下を防ぐともいわれています。

・体重減少を防ぐ

生後しばらくして赤ちゃんの体からは、水分などが抜けるために体重が減ります。これを「生理的体重減少」と呼ぶのですが、この体重減少の割合も、ドライテクニックを行うことで少なくなるといわれています。

また、胎脂のにおいが赤ちゃんを安心させたり、においによって母子の愛着が増すのではないかという説もあります。

【医師からのアドバイス】

これから出産予定の方は、バースプランのひとつとして医師に相談し、ドライテクニックを検討してみてはいかがでしょうか?

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

手指のひび、あかぎれにはハンドクリームOK? 薬を使った方がいい?
《妊娠42週以上:過期産》で起こる4つの危険…!
乾いた女になりたくない! ドライシンドロームに要注意!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP