ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ご麺ね。ラーメンが好き過ぎて。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ふと無性に食べたくなるものといえば、ラーメン。おひとり様ラーメンだって怖くありません。
最近では、「ラーメン女子」という言葉があるほど、女性の間でもラーメンは食べやすくなってきました。お店によっては、女性限定メニューを提供していたり、髪が長い女性向けのヘアゴムが置いてあったりするところもあるほど。
そんな女性のラーメン熱が高まり、2016年3月17日(木)~21日(月・祝)には、女性に特化したラーメンイベント「ラーメン女子博’16-Ramen girls Festival-」が、横浜赤レンガ倉庫で開催されます。

ミシュラン掲載店から地方の名店まで


「ラーメン女子博」は、今回が2回目の開催。第1回目は、売り切れの店舗が続出し、2日間で約3万人のラーメン好きが訪れました。
今回は、前回のラーメン店を総入れ替えし、新たに12店舗が出店します。12店舗のうち、1店舗は日替わりで変わるスペシャルブースとなり、3日間で最大15店舗のラーメンを楽しむことができるんです。

自家製麺 ほうきぼし 一度食べたら病み付きになる「汁なし坦々麺」
女性が好きなさっぱり系の中華そばや塩ラーメンの有名店から、がっつり系までバリエーションが豊富で、どんな気分にも応えてくれること間違いなし。ミシュランガイドに掲載されている『黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン』といった話題のラーメン店もエントリーしています。ミシュランのラーメンなんて胸がときめきます。「ミシュラーメン」と呼ばせていただきたいくらい。
また、都内のラーメン店だけでなく、岐阜や山形などの地方の人気店の味を味わうことができるので、普段食べることができないラーメンに出会えることも魅力のひとつ。
気になるラーメン出店店舗はこちら

女性へのやさしさがあふれるサービスが充実

この「ラーメン博」をプロデュースしているのも、じつは女性!
「女性がひとりでもラーメンを食べることのできるカルチャーを広めたい」という熱い想いをもっている森本総子さんがプロデューサーをつとめています。年間600杯以上を食べるという森本さんが厳選したラーメンは、全部制覇したいほど!

メニューだけではなく、「好きだけど、ひとりだと入りづらい…」と遠慮しがちな女性に向けたやさしいサービスもあります。人目を気にしないで食べられる飲食スペースがあったり、ブランケットやヘアゴムなどが用意されています。
ほかにも、「ラーメンって脂が多いし、肌荒れとか気になる…」と美容を気にする女性のためのドリンクなどの美容コンテンツも充実。普段なかなかラーメン好きと言えなかった女性も、堂々といけるイベントになっています。
また、なかには「並んでまで食べたりはしない」という人もまだまだいると思います。でも、そんなのもったい! この世には、おいしいラーメンがたくさん存在しているのに! とつい熱く語りたくなってしまいますが、この「ラーメン女子博」で熱いラーメン界への一歩を踏み出してみてください。
ひとりで行くのもよし、友だちを誘って行くもよし。そして男性も入場可能なので、ラーメン好きな男性とももちろん楽しめます。
3月の3連休は、ラーメン女子としておいしいラーメンを味わい尽くすと決めました。
ラーメン女子博 ’16 -Ramen girls Festival-
日程:2016年3月17日(木)~3月21日(月・祝)
時間:11:00~21:00(L.O 20:30) ※21日のみ20:00終了(L.O 19:30)
場所:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場
飲食券:詳細は後日発表
入場料:無料  ※飲食の際には、飲食券購入が必要。 ※男性も入場可能です。
主催:ラーメン女子博実行委員会 (TEL: 03-5545-9704/音声ガイダンス)
文/岩瀬智世


(グリッティ)記事関連リンク
どうする社内恋愛? 義理ではなく義務チョコと化したバレンタイン
「10分でごはん」自炊欲とズボラ魂が両立する炊飯器
チョコレートが人に幸福をもたらし続けている。という調査結果が明らかに

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP