体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたがノリノリのムードメーカーである「9のサイン」

あなたがノリノリのムードメーカーである「9のサイン」 9-crazy160213-01

自分にはその素質があるのかな?もしくは、そうなりたい!と思っている人へ。「Elite Daily」で紹介されている記事を参考にまとめた、ムードメーカーに現れる9つのサインはコレ。

01.
声のボリュームを
指摘されることが多い

「ちょっと静かにして!」
と言われることはありませんか?声のボリュームをTPOに合わせてコントロールするのが苦手……という人は、ムードメーカー気質といえるでしょう。

02.
一方で、保守的な人とは
うまくいかないかも……

一方で、難点も。親しい人にとっては最高の友人ですが、関係の浅い人からは批判的な目で見られることもあるかもしれません。

03.
クレイジーなことなら任せて!

「そんなことまでする!?」と普通の人なら思うようなことにも手を出しちゃうのも特徴のひとつ。

ちょっと冷や汗の出るような刺激的な体験が好きなので、むしろ普通のことはしたくない!というのが真意でしょうか。

04.
写真を撮られることが多い

クレイジーな人の行動は、思わず写真や動画に収めたくなります。自分にとってそんな大袈裟なことではなくても、周りにとっては最高に面白いことなんです。

05.
話していないと心配される

普段よく話す人でも、体調が悪いかったり落ち込んでいたり、ネガティブな気分の時は口数が少なくなることもあります。すると周りの人から異常に心配されます。いつも雰囲気を作り上げるムードメーカーが静かだと、その場自体がどよんとした空気になってしまうのです。

06.
飲み会に呼ばれることが多い

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。