体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

過去と現在が交差する街フィリピンの首都マニラおすすめの観光スポット

「ハロハロ」とはフィリピン語で”まぜこぜ”という意味です。フィリピンの首都マニラはまさに「ハロ」な街。

行き交う人や車のクラクションの音が飛び交い、陽気で賑やかな熱気に包まれた南国の大都市の顔を持ちながら、一方でスペイン統治時代の優雅な面影が街のそこかしこに残っています。

そんなマニラの魅力を満喫できるおすすめスポットを紹介します。

 

サン・アウグスティン教会

サン・アウグスティン教会

photo by shutterstock

フィリピン最古の石造建築の教会です。教会内はバロック風のインテリアで、パリから取り寄せられたシャンデリアや、イタリア人アーティストによる壁画や祭壇はとても豪華。世界遺産にも指定されています。
■詳細情報
・名称:サン・アウグスティン教会
・住所:Gen. Luna St. Corner Real St., Intramuros
・アクセス:LRT線セントラル(Central)駅から車で15分

 

カサ・マニラ博物館

 

カサ・マニラ博物館

photo by Jorge Láscar

スペイン統治時代の邸宅を忠実に再現し、内装、家具、調度品、絵画などが展示されていて、当時の上流階級の人びとの暮らしをかいま見ることができます。

館内にはレストラン、ホテル。骨董品店、ハンディクラフトショップなどがあります。
■詳細情報
・名称:カサ・マニラ博物館
・住所:Gen. Luna St., Intramuros
・アクセス:LRT線セントラル(Central)駅から車で15分。サン・アウグスティン教会のすぐ向かい側にあります。
・営業時間:9時〜18時
・電話番号:(02)527-4084

 

サンチャゴ要塞

サンチャゴ要塞

 

photo by shutterstock

マニラで最も古い要塞の一つ。マニラの街を一望できる展望スポットとしても大人気です。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会