ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

郵便局主導のイベントは、キスマークが切手代わり!オランダのバレンタイン事情

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オランダでの「バレンタイン」と聞いて、どんな想像をしますか?

「きっとヨーロッパだから、ロマンチックにお祝いするはず。」とか、「男性から愛のこもった花束やプレゼントをもらえるのかな。」なんて想像しませんか?

実は私も、オランダ人の主人と付き合う前まではそんなふうに想像していました。

しかし、蓋を開けてみたらびっくり!

オランダではバレンタインの習慣がほとんどなく、盛大に行うイベントではなかったのです。

日本のバレンタインの盛り上がりに比べたら、オランダのバレンタインなんて100分の1くらいの盛り上がりです。

「バレンタインって何するの?」、「バレンタインなんてただの商業的なイベントさ。」と考えているオランダ人もいるほど。

ちなみに、オランダ人の主人は、最初の年のバレンタインの日すら忘れていました。

最近では、バレンタインが少しずつオランダ文化の中に浸透してきていて、スーパーにバレンタインコーナーがあるし、お店のウィンドウもバレンタインを意識した飾り付けがされています。

チョコなどのお菓子や、花束、カードを渡したり、レストランでディナーをしたりするカップルが増えているようです。

オランダでは、バレンタインはカップルで祝う日なので、日本のように女の子から告白する日でもなければ、女の子からチョコを渡す日でもありません。

男の子からとか、女の子からとかどちらからという決まりもなく、祝いたい人が(←このあたりがいかにもオランダらしいのですが)自由にプレゼントを贈ったり、「バレンタイン」を口実に好きな子をデートに誘ったり、自分なりにロマンチック方法でお祝いしたりする、自由度の高いイベントです。

昨年の2015年にはオランダ郵便局(PostNL)がバレンタインに風変わりなキャンペーンを実施しました。

通常、カードを送るには切手を貼って投函しますよね。しかし、2月13日限定でバレンタインカードを送る際に切手の代わりにカードや封筒に、口紅をつけてチュッと「キスマーク」をつけることで、2月14日のバレンタインデーに相手に届けてくれるという面白い企画でした。

これは、若い世代の手紙離れを食い止めるためのキャンペーンだったのですが、結果は大成功。「キスマークでバレンタインカードが送れるなんておもしろい!やってみよう!」とカードを送る人は2014年より283%増加したのだそう。

この日のために、手紙を仕分けする機械も「キスマーク切手」をきちんと認識できるほどのの入れよう。バレンタインがあまりポピュラーでないオランダでも、昨年は、キスマーク付きバレンタインカードが世界中で一番多くオランダにあったのではないかと思います。

さて、自分自身の去年のバレンタインはどうだったかといいますと、はてさて、まーったく覚えていないのです(笑)。

キスマークでバレンタインカードを出していないのは確実ですが、去年の手帳を開いて見ても、レストランを予約していた形跡もなく・・・。

まったくロマンチックな方法ではないのですが、主人に直接聞いてみました。

「ええっと、何したっけな。(考えること数分。)あっ、花束をプレゼントしたと思う。ゲボゲボしてたから(←したくてしていたわけじゃないですけれど)、レストランは行かなかった」とのこと。

「あー、そうだったかも。」と思い出した私。

7月に出産だったので、2月はひどかったつわりがやっとおさまってきたくらいの時期だったのです。

それにしても、どちらもあんまり覚えていないって、ロマンチックな夫婦への道のりは遠いですね。

妊婦さんは忘れっぽいという言い訳をしておきたいと思います。

さて、今年のバレンタインはどうしましょう。

日本のアニメが大好きな主人は、日本のバレンタインの様子をアニメで見たらしく、「バレンタインは日本風に祝いたいな〜。(つまり、私からチョコをもらって「好き」と言ってもらいたい)」と私に熱い視線を送ってきます。

しかーし、6ヶ月になった息子、なんと夜泣きが始まったのです。一番眠い午前2時からずっと泣き続けたりで、睡眠不足の毎日。息子のおかげで日中も、私の頭はぼーっとしています。

お菓子を作る時間もないし、気力もないし、忙しく過ぎ去っていく毎日。今度は私がバレンタインを忘れてしまわないよう気をつけなければ。

著者:すーじー

年齢:34歳

子どもの年齢:4ヶ月

オランダ人と国際結婚し、オランダに暮らして4年。現在はオランダの魅力を知ってもらうため、オランダ旅行のアドバイザーとして活躍する。歴史ある街並み、豊かな自然、気さくな人々に囲まれ、オランダ生活に慣れてきた今日この頃だが、妊娠・出産・子育てを通して新たなカルチャーギャップに遭遇中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

大好きなチョコレートに苦しめられる!? つわり期のバレンタインは地獄
1日に十数回吐いていた…。つわりで吐きすぎて胃から出血!大量の吐血に怖くて涙
ポテトとコーヒー牛乳で生き延びた!病気じゃないから薬で治らないし……絶望するくらい長いつわり by ぴの字

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP