体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Waldmann『PARA MI(パラ・ミ)』太陽に近い色味の高級LEDデスクライトの優秀さを検証!

CR6_2039

パソコンに蛍光灯、ブルーライト渦巻くオフィス環境は目に厳しい。そこで登場したのがWaldmann(バルトマン)社製高級卓上LEDデスクライト『PARA MI(パラ・ミ)』。4万円超えという価格には驚くが、太陽に近い色味でストレス低減が可能な人間に優しい高品質ライトだ。

コンパクトでフレキシブルに動くオフィスの自分専用サンシャイン

株式会社キャプテンインダストリーズ(東京都江戸川区)が販売するWaldmann(バルトマン)社製高級卓上LEDデスクライト『PARA MI(パラ・ミ)』(FTL102R・希望小売価格 税込40,824円・発売中)は、演色性にこだわりがある。

CR6_1962

具体的には太陽が演色性Ra:100だとすると、この『PARA MI』は演色性Ra:85とかなり近づいている。そこが価格の高さの理由。限りなく自然光に近い穏やかな光によって、人間の体内時計を狂わせることなく明るさを得ることが可能なんだとか。

CR6_1983

ちなみにバルトマン社の照明はアムステルダム証券取引所や駅構内などで採用されていて、ワーキングスペースの高品質照明ではドイツでは非常に有名なメーカー。

今回の『PARA MI』の用途も基本的にオフィス用途。震災後に注目されたのが”節電”だが、この『PARA MI』もそうした省エネ需要のもとに生まれた製品。部屋全体を煌々と照らすのではなく、必要なところに適切な量の照明を与えるという発想で、かっこよく言うとタスク・アンビエント照明というのだとか。

とにかく使ってみることにしよう。

CR6_1970

製品は首もと以外に真ん中がカクッと曲がるタイプのダブルアームタイプのフォルム。丸くて薄い小ぶりな手鏡のような照明部とともに全体的に軽い。設置はテーブル脇などにクランプで取り付けるタイプ。

CR6_1988

基本的に軽いので設置は楽々。一度取り付けて気が変わっても気軽に取り外してつけ直せる。スイッチは照明部の円の裏側にある。一回ポンと押せばすぐに点灯。もう一度ポンと押せばすぐに消灯。8WのLED照明は6角形に細かく配置されており、ふわっとした明かりが点灯する。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。