ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『トイ・ストーリー』から『アーロと少年』まで、「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」にアートワークが一挙集結!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
neol201602121

(c) Disney/Pixarボブ・ポーリー|≪ウッディとバズ≫|『トイ・ストーリー』(1995年)|複製(マーカー、鉛筆/紙)

「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」が、東京都現代美術館にて2016年3月5日(土)より開催される。
『トイ・ストーリー』や『ファインディング・ニモ』、『インサイド・ヘッド』など、多くの人気アニメーション映画作品を手がけてきたスタジオ「ピクサー」。
世界中のファンから愛される理由は、優れたコンピューターグラフィックの技術だけでなく、独創的なストーリーや魅力的なキャラクターを生み出すアーティストやデザイナーの存在も大きい。彼らは、企画構想段階から手描きのドローイングやパステル画、デジタルペインティング、彫刻などを生み出し、ピクサー作品の創造性を支えている。
本展では、ピクサー所属のアーティストたちの創作活動にスポットライトを当て、アートワークの全容を紹介。ドローイング、カラースクリプト、マケット(キャラクター模型)などをはじめ、世界初のフルCGアニメーション映画『トイ・ストーリー』から最新作 『アーロと少年』まで、映画制作の源となったアートワーク約500点を展示する。
また、アニメーションの原理を体感できるインスタレーションや、平面に描かれたアートワークをデジタル技術を用いて世界観あふれる動画へと変換し、幅10メートルを超える大型スクリーンに投影する映像作品なども楽しめる。

neol2016021212

(c) Disney/Pixarラルフ・エッグルストン|≪遠足のシーンのパステル画≫|『ファインディング・ニモ』(2003年)|パステル/紙

neol2016021213

(c) Disney/Pixarハーレイ・ジェサップ(レイアウト:エンリコ・カサローザ)|≪カラースクリプトの習作:ラタトゥイユを作るレミー≫| 『レミーのおいしいレストラン』(2007年)|デジタルペインティング

「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」
開催期間:2016年3月5日(土)〜5月29日(日)
開館時間:10:00〜18:00 ※入場は閉館の30分前まで
休館日:月曜日および3月22日(火)
※ただし3月21日(月・祝)、5月2日(月)、5月23日(月)は開館。
会場:東京都現代美術館
住所:東京都江東区三好 4-1-1
観覧料:一般1,500円(1,300円)/高校・大学生1,000円(900円)/小・中学生500円(400円)
※( )内は前売り料金。未就学児は無料。
※20名以上の団体購入は当日料金から2割引(東京都現代美術館で購入の場合のみ)
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳の所持者と、その付き添い2名までは無料。
※3月16日(水)、 4月20日(水)、5月18日(水)はシルバーデーにより65歳以上は無料(年齢を証明できるものが必要)。
※本展チケットで「MOT コレクション」(常設展)も観覧可能。

発売日:2016年1月9日(土) 10:00
販売場所:ファミリーマート店内Famiポート(※一部店舗を除く)
※前売券の販売は3月4日(金)まで。
※東京都現代美術館などでも販売(東京都現代美術館は1/9~2/14まで)。
【問い合わせ先】
東京都現代美術館
TEL:03-5245-4111(代表)/ 03-5777-8600(ハローダイヤル)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。