ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

強大な権力1人で倒すハッカー ビジネスでも高評価と大前氏

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世界をひっくり返すような新ビジネスは、たった1人の天才によって始まる、と経営コンサルタントの大前研一氏はいう。彼らはどのように頭角をあらわし、ビジネスで成功していったのか。大前氏が具体的な実例をあげながら、日本での可能性を探る。

 * * *
 ジョージ・ホッツ氏、26歳。いまアメリカで話題の若者だ。17歳の時にiPhoneのSIMロックを世界で初めて解除し、21歳の時にソニーのプレイステーション3をハッキングした伝説的ハッカーにして天才プログラマー。そのホッツ氏が今度はたった1か月で市販車(ホンダ「アキュラ」)を改造し、世界中の自動車メーカーやIT企業が開発にしのぎを削っている自動運転車を自作したと報じられている。

 アメリカでは、アマゾンの創業者ジェフ・ベゾス氏、テスラモーターズやスペースXの創業者イーロン・マスク氏、フェイスブック(Facebook)の創業者マーク・ザッカーバーグ氏、ウーバー(UBER)の共同創業者トラヴィス・カラニック氏ら、21世紀を代表する天才的な起業家が続々と登場している。

 とりわけ創業20年で52歳のベゾス氏は、世界最大のクラウド・コンピューティング事業AWSを展開したり、名門『ワシントンポスト』紙を買収・再生させたりするなど、大企業経営者の座にふんぞり返ることなく、次々とリスクの高い事業領域に手を広げて“破壊(disruption)”を繰り返している。

 ウーバーやエアビーアンドビー(Airbnb)などのゴジラ企業を生んだのは、国籍や学歴に関係のない「たった1人の天才」である。もともと世界を変える発明や技術革新は、往々にして1人の天才の手で成し遂げられる。

 白熱電球や蓄音器などのトーマス・エジソンしかり、自動車大量生産技術のヘンリー・フォードしかり、タイヤのジョン・ボイド・ダンロップしかりである。そういう天才が生み出した製品を、GEやフォードやダンロップといった先行企業が国内から海外へと販路を拡大し、徐々に世の中に普及させてきたのが20世紀だ。

 しかし21世紀は、1人の天才が1日のうちに1から1000まで夢想したことを瞬時に実現できる。たとえばカラニック氏は、おそらくウーバーのアイデアを思いついたその日に、国家や国境や国籍に関係ない全地球的かつスマホ・セントリックな経営システムを構想していたと思う。

 そういう意味では冒頭で紹介したホッツ氏もまた天才の1人である。学歴はないが(ロチェスター工科大学中退)、ハッカー出身という履歴は実は高く評価される。ハッカーはしばしば犯罪絡みのマイナスイメージを持たれがちだが、その本質は、強大な権力を持つエスタブリッシュメントに1人で立ち向かって倒すことにある。それをユーザー本位の新ビジネスでやれば、既存の大企業やシステムをひっくり返せるのだ。

 ただし、それは必然的に孤独な闘いになる。「出る杭は打たれる」の諺(ことわざ)通り、皆に批判もされる。それでも自分で地図を描いて道なき道を切り開いていかねば、世の中は変革できない。

 また、いったん成功すると、たいがい「出た杭」は引っ込み、目線が下がる。政府の諮問会議のメンバーになったり、徒党を組んだり、メディアや銀行にちやほやされたりして、現状に安住してしまうからだ。株式を新規上場した途端に失速する経営者も少なくない。だが、天才は孤独でなくてはならない。他を寄せつけない高みに立って闘いを続けていかなければ、世界を変えることはできない。

 しかし今は、ベン・ホロウィッツやマーク・アンドリーセンのようなかつての起業者が投資家に回っているので、有望な「出る杭」を見つけるのも、育てるのも早い。銀行や大企業、ましてや国家ファンドなどは出る幕がないのだ。

 幸い、これまで“ベンチャー後進国”だった日本でも、最近ようやく10代・20代の起業家が登場して注目を集めている。その中からホッツ氏やマスク氏やザッカーバーグ氏のような天才が出現することを期待し、目を皿のようにして出る杭を探す今日この頃である。

※週刊ポスト2016年2月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【日韓比較・スポーツ編】メダル数、歴代メジャーリーガー数他
独自の経営理念と創業者精神を持つ松下幸之助の軌跡を辿る本
大韓サッカー協会HP「サッカーの起源は朝鮮半島」で抗議殺到

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP