ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

永島優美アナは“ポスト・カトパン”に相応しくない!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、ポスト・カトパンを考察。

 * * *
“ポスト・カトパン”は誰なのか。フジテレビ退社と同時に『めざましテレビ』を卒業するカトパンこと加藤綾子アナの後任がさまざま取りざたされている。

 三宅正治アナ・軽部真一アナの“おじさん同期コンビ”が居れば、正直、女子アナは誰が来たとしても番組は揺らぐことはないだろう。

 が、八木亜希子、小島奈津子、木佐彩子、高島彩、生野陽子、そして加藤綾子…と歴代のメイン女子アナはみな女性視聴者の支持率が高い人気者ばかり。後任の女子アナにはおのずとプレッシャーがかかろう。

 フジテレビに出入りをしている制作会社スタッフが言うことには、「意外にも局内では三上真奈が推されている」という。「何かにつけて『三上を使ってくれ』と言われる」と。確かに、カトパンに仕事が集中しすぎているという理由で、彼女が担当するバラエティ番組のアシスタントが三上になったことがある。

 が、あまりの力量の違いから、また加藤の仕事が増え始めたことは視聴者の皆さんもご存知のとおりだ。

 しかし、そう言われてみれば、『めざましテレビ』での三上アナの出番は一時期よりも増えている。以前は、「三上リポーター」と呼ばれ、アナウンサーなのかフリーなのかタレントなのか、よくわからない扱いを受けていた三上。その理由は、「あまりに女子アナの出演が多いため、あえて『リポーター』と呼んでいた」(同局局員)そうだが、最近ではやっと「三上アナウンサー」と、呼ばれ方でも昇格している。

 もう一人、“ポスト・カトパン”と言われているのは、『めざましテレビ』出演者ではない、久代萌美アナだ。『新週刊フジテレビ批評』でニュースを読んだり、取材に出たり、『さんまのお笑い向上委員会』でも力をつけてきている女子アナだ。

 カトパンが『ホンマでっか!?TV』で、明石家さんまや文化人らを仕切って、才能を開花させたように、久代アナも、さんまさんの脇で徐々に色を出せるようになってきている。特に、何をやり出すか予測不能なネプチューンの堀内健からの無茶ぶりで松下奈緒のCMの真似をやりきる久代アナは、さんまさんからも視聴者からも、期待を込めた高評価が聞こえてくる。

 そしてもう一人は、永島優美アナである。入社前から「いい子が入ってきてくれた」と同局幹部を喜ばせていた永島アナは、安藤優子から“カミカミ王子”と命名された元サッカー日本代表でスポーツキャスターの永島昭博氏の娘。関西の女子大生時代から他系列の人気番組のリポーターをしている“有名人”だった。

 いわゆる“パンアナ”としてもカトパン路線を歩んできた永島アナだったが、『ユミパン』は視聴率が悪く、その要因として、「永島アナが自分を出せていないこと」があげられていたものだ。

 新人だから、バラエティ番組で身体を張るようなこともさせられていたし、昨年の『27時間テレビ』はカトパンを休ませるため、永島アナは出ずっぱり。翌朝ももちろん『めざましテレビ』のスタジオに居た永島アナには、「疲れている」「元気がない」といった声も聞かれていたのである。

 が、ここにきて、永島アナがイキイキとしている場面を何度か見せてもらった。彼女、最近、報道の現場に取材に出ているのだ。

 思えば、『めざましテレビ』の女子アナ陣というのは、海外から来日したアーティストや、女子トレンドのリポートなどはやらせてもらっても、大きなニュースの現場に出て取材をすることはめったにない。

 が、永島アナは、たとえば甘利明経済再生担当大臣の辞任会見場に行っていて、翌朝、スタジオでリポートをしている。これが、甘利氏の細かい言動をよく見ていて、そこを真っ先に報告するなど、なかなか上出来だったのである。

 ルックスがチャラチャラしていないので、会見場の後方でマイクを握って立っていても違和感がないどころか、他の記者に負けず劣らず、“報道の顔”をしている永島アナ。さらに声も報道向き。どちらかといえば低めで、力のある声なのである。

 かつて『ニュースステーション』(テレビ朝日系)の久米宏キャスターが、当時の相方、渡辺真理の声に難癖をつけたことがある。彼女のなんともいえないこもった弱々しい声が、喋り手として不向きだというのが久米氏の見解だった。報道の現場では、余計に不向きであろう。

 その逆で、永島アナの声は主張のある、報道向きの声。この部分では、カトパンにも勝っていると思うほどである。

 思えばカトパンは、あまり報道の現場に行かせてもらっていなかった。いや、行けば、キッチリこなせたと思うし、大臣や企業トップにインタビューをさせたら、先方からのウケもきっと良かったに違いない。

 だが、彼女にその機会は与えられず、結果、フリーになっても、「カトパンに報道番組のメインを」という声が全く聞かれないのはそのせいもある。

 それが永島アナは、まだ新人の部類なのに報道向きで、しかも華やかさもあれば、2世ということでさまざまな現場で下駄を履かせてもらっているという幸運もある。

 入社前からの期待が大きかったのに、イマイチ永島アナが冴えなかった理由がやっとわかった。彼女は、フジテレビの女子アナの特徴である軽やかさや若々しさがあまりない代わりに、報道記者として通じる重みがあったからなのだ。

 だが、そうなると『めざましテレビ』のメインにはなれないのかもしれない。同番組は、エンタメ情報や若い女性向けのファッションやグルメ、トレンド情報に費やす時間が長く、カトパンが担当する「これからスイッチ」や、「今日の占いカウントダウン」の「ごめんなさい、〇〇座のあなた」や、山崎夕貴アナの独壇場である芸人並みの言動などは永島アナには荷が重い。

 カトパンと一緒に『めざましテレビ』を卒業してもいいから、永島優美アナはニュースの席に座るべき。そうなると、ポスト・カトパンは三上真奈アナなのか、久代萌美アナなのか? ずいぶん小粒であるような…。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
フジ退社カトパン 4月以降もめざまし以外のレギュラー継続
加藤綾子 あっさり代役を務めた新人・永島優美に闘争心メラリ
フジ・宮澤智アナ スタッフ受け抜群で亀山社長もお気に入り

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP