ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

排卵回数が危険因子となる卵巣がん 少子化の時代にリスク高

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 卵巣がんは初期症状を自覚しにくいため、“サイレントキラー”と呼ばれている。下腹部のはりやしこり、頻尿、便秘といった症状が出たときには、かなり進行しているため、すでに末期ということもあるのだ、転移もしやすいため、早期発見・早期治療がなによりも重要といえる。

 卵巣がん発生の危険因子として、排卵回数がある。東峯婦人クリニックの松峯寿美さんが説明する。

「排卵とは、卵巣の皮膜を突き破って、卵子がとび出る現象のこと。あまり知られていませんが、排卵のたびに卵巣は傷つき、修復されています。卵巣がんは、この修復過程で異常細胞が生じて発症する。つまり、排卵を繰り返すたびに、卵巣がんのリスクは上がるのです」

 リスク回避には、妊娠・出産で排卵を止め、卵巣を休ませることも、実は重要だ。だが、5~10人の出産を経験した昭和初期の女性と比べると、現代女性は1~3人。排卵回数は約10倍にもなるため、リスクはより上がっている。

 体の奥深くにある卵巣は直接見たり、触ったりすることができないため、2年に1度は超音波検査が必要だ。とくに、卵巣がんにかかりやすい40~50代の女性におすすめだ。

 また、近年、子宮内膜症が卵巣で進行すると生じるチョコレートのう腫(子宮内膜から出血して卵巣内に血がたまり、とけたチョコレートのようになった状態のこと)が、0.8%の確率で卵巣がんになることがわかってきた。生理のたびに大きくなり、破裂した場合は緊急手術になるため、早期発見が必至だ。

「チョコレートのう腫は閉経しても縮小・消失することは少ないため、良性だと診断された場合も、定期的な経過観察が必要です」(松峯さん)

 手術で切除するのが一般的な治療法で、初期の場合は病巣部分を円錐形に取り除くだけで済む場合もある。

 卵巣がん特有の予防法としては、低用量ピルの使用が注目されている。避妊薬として活用されているピルだが、排卵を抑えて卵巣を休ませる効果があるため、卵巣にかかる負担を減らすことができる。

「とくに初潮年齢の早かった女性や、妊娠・出産経験のない女性は、長期にわたって排卵することになりますから、ピルの活用も予防の1つとして検討してはどうでしょう」(松峯さん)

※女性セブン2016年2月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中西モナが診断された多嚢胞性卵巣 毛深い等男性化進む症状も
「がんは遺伝」 この割合は低くむしろ家族の生活環境原因
アンジーが受けた遺伝性乳がん検査の内容とは? 医師が解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP