ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チョコレートを食べるとニキビが増える、って本当ですか?

  • ガジェット通信を≫


「チョコレートを食べるとニキビができやすい」と聞いたことがあります。チョコレートとニキビ、どう関係があるのでしょうか?

今回は、チョコレートとニキビの密接な関係について、医師に聞きました。

チョコレートとニキビの関係は?

【ニキビの原因】

ニキビができる根本的な原因は、皮脂の毛穴詰まりによるものです。

皮脂が、毛穴からスムーズに外へ排出されれば、詰まったりすることはありません。しかし、毛穴の大きさ以上の皮脂が大量に分泌された場合、毛穴が詰まってニキビができてしまいます。

【チョコレートの成分】

チョコレートの原料となるカカオには、脂肪分と当分が多く含まれています。

わたしたちが口にするチョコレートには「脂質」と「糖質」がたっぷりと入っています。この脂質と糖質は、私たちの皮膚で皮脂の分泌を促進する働きがあります。

【ニキビとチョコの関係は…】

つまり、チョコレートをたくさん食べることで皮脂の分泌が増えます。その皮脂が毛穴に詰まってしまい、ニキビができることもあります。

このことから、チョコレートをたくさん食べるとニキビができやすいのは、大いにあり得ると考えられます。

基本的には、ニキビができてある方、もしくは、ニキビができやすい肌の体質といえます。ニキビ予防したいと思っている場合は、脂質や糖質が多く含まれるチョコレートを摂取しないほうが予防になります。

それでもチョコレートを食べたい!

「わかっていてもチョコが好き!」と思う人もいますよね。

最近は、脂質・糖質が少ないチョコレートも市場に登場しています。

気になるけどチョコレート食べたいと思うときは「脂質や糖質の成分がカットされている」と書かれているチョコレート選ぶといいですね。そのときに手にとって、パッケージの成分表示を見比べて選ぶといいでしょう。

ただし、脂質や糖質の成分がカットされていてもチョコレートには変わりありません。摂取し過ぎてしまうと、脂質や糖質が体内へたくさん入っていきます。いずれにしても、食べ過ぎには注意したいものですね。

悪いところだけじゃないチョコレート

今回は『ニキビとチョコレート』というテーマだったので、チョコレートの欠点が多く見えてしまったかもしれません。

しかし、チョコレートには利点もあります。チョコレートには、癌や動脈硬化の抑制に効果的といわれる、ポリフェノールが含まれています。

また、ストレスを和らげる癒し効果もあると言われています。

チョコレートが好きな方はうまく付き合っていくようにするといいですね。

【医師からのアドバイス】

大好きなチョコレートを我慢すると、そのことがストレスとなり、ニキビが増えたり悪化する原因となる…という悪循環は避けたいものです。

チョコレートの長所・短所を理解し、うまくチョコレートと付き合っていきたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

男性のニキビ…これって何が原因? 対処法も知りたい!
ストレス軽減には、「チョコレート」が有効!?
チョコをあげる人も、もらう人も知っておきたい! チョコって体に良いの? 悪いの?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP