ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元KISSのエース・フレーリー、盟友ポール・スタンレーやスラッシュなど参加の初カヴァー・アルバム発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 元KISSのギタリスト、エース・フレーリーが、自身のキャリアにおいて初となるカヴァー・アルバム『オリジンズ VOL.1』を4月15日にリリースする。
 
 2014年に、“ロックの殿堂”入りを果たした世界的ロック・バンドKISS。その受賞式典にファミリーの一員として出席し、受賞を果たした元KISSのギタリスト、エース・フレーリー。

 『オリジンズVOL.1』と題された今作には、様々な有名ミュージシャンをゲストに迎えてレコーディングされたロック史に残る名曲のカヴァーを収録。中でも注目は、英国ロック・バンド、フリーが1970年に発表した代表曲「ファイアー・アンド・ウォーター」へのKISSポール・スタンレーの参加。エースとポールのコラボレーションは、1998年のKISS再結成アルバム『サイコ・サーカス』以来、実に18年振りとなっている。また、シン・リジィの「エメラルド」では、黄金期のメンバーの再結集に全世界のロック・ファンが注目しているガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュが、リード・ギターを弾いている。

 KISSの楽曲も3曲カヴァーされており、そのうち2曲はKISS時代にエースが作曲と作詞を担当した「パラサイト」と「コールド・ジン」。ともにスタジオ音源では、ジーン・シモンズがヴォーカルを担当していたが、本作ではエースが歌うヴァージョンが聴ける。残り1曲の「ロック・アンド・ロール・ヘル」は、『クリーチャーズ・オブ・ザ・ナイト~暗黒の神話』に収録されているが、このアルバムの制作、発売当時エースはKISSを事実上脱退しており、作曲にもレコーディングにも関わっていないため、セルフ・カヴァーではなく、純然たる“KISSのカヴァー”となっている。

 他にも、先述の「パラサイト」とジミ・ヘンドリックスの「スパニッシュ・キャッスル・マジック」には、かつてマリリン・マンソンのバンドなどで活躍し、現在はロブ・ゾンビのバンドに在籍するジョン5が参加。映画『メジャーリーグ』シリーズに起用された「恋はワイルド・シング」では、元ザ・ランナウェイズのリタ・フォードがヴォーカルをとっており、パール・ジャムのマイク・マクレディは、「コールド・ジン」に参加している。

◎『オリジンズ VOL.1』トラックリスト
01. White Room / ホワイト・ルーム(CREAM)
02. Street Fighting Man / ストリート・ファイティング・マン(THE ROLLING STONES)
03. Spanish Castle Magic / スパニッシュ・キャッスル・マジック(JIMI HENDRIX)※ジョン5参加
04. Fire And Water / ファイアー・アンド・ウォーター(FREE)※ポール・スタンレー参加
05. Emerald / エメラルド(THIN LIZZY)※スラッシュ参加
06. Bring It On Home / ブリング・イット・オン・ホーム(LED ZEPPELIN)
07. Wild Thing / 恋はワイルド・シング(THE WILD ONES)※リタ・フォード参加
08. Parasite / パラサイト(KISS)※ジョン5参加
09. Magic Carpet Ride / マジック・カーペット・ライド(STEPPENWOLF)
10. Cold Gin / コールド・ジン(KISS)※マイク・マクレディ参加
11. Till The End Of The Day / エンド・オブ・ザ・デイ (THE KINKS)
12. Rock And Roll Hell / ロック・アンド・ロール・ヘル(KISS)
(カッコ内はオリジナルのアーティスト)

◎リリース情報
『オリジンズ VOL.1』
エース・フレーリー
2016/4/15 RELEASE
2,500円(plus tax)

関連記事リンク(外部サイト)

元キッスのエース 持ち家が焼失
KISS来日会見にももクロ登場、百田「日本で一番熱いライブに」
ももクロ×KISS コラボシングルMV解禁、一晩で再生回数15万回突破

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP