体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アレサ・フランクリンの『貴方だけを愛して』は、世界最高のシンガーとして君臨する彼女の原点となった作品

本作が世に出てから現在まで、世界最高の歌手としてポピュラー音楽の頂点に立ち続けるアレサ・フランクリン。彼女がいなければ、マイケル・ジャクソンもビヨンセもスティーヴィー・ワンダーも存在し得ないのではないかと思えるほど、その影響力は絶大だ。特に、本作から70年代半ばまでの彼女のアルバムは、他の追随を許さないほど圧倒的なレベルにあった。今回は、ロックやソウルというジャンルを超えるほどの影響力がある名盤中の名盤『貴方だけを愛して(原題:I NEVER LOVED A MAN THE WAY I LOVE YOU)』を取り上げてみよう。

Aretha Franklin『I NEVER LOVED A MAN THE WAY I LOVE YOU』のジャケット写真 (okmusic UP's)

モータウン・サウンド VS メンフィス・サウンド
60年代中頃、イギリスのグループであるにもかかわらず、ビートルズやストーンズがアメリカで絶大な人気であった。この動きは第1次ブリティッシュ・インヴェイジョン(1)と呼ばれているが、他にもキンクス、アニマルズ、ハーマンズ・ハーミッツなど、僕が小学生の頃すでにこれらのグループのシングル盤を買っていた記憶があるので、アメリカだけでなく世界でもブリティッシュ・インヴェイジョンの波は、確実に押し寄せていたのである。
そんな中にあって、アメリカ内部にも大きなヒットメーカーが複数いた。ひとりは、デトロイト生まれの黒人、ベリー・ゴーディー・ジュニアである。彼が59年に設立した『モータウン・レコード』(2)は、60年半ば迄にマーヴィン・ゲイ、スティーヴィー・ワンダー、ジャクソン・ファイヴ、テンプテーションズ、ミラクルズ、マーサ&ザ・ヴァンデラス…などなど、数え上げればキリがないほど優れたミュージシャンのレコードを制作し、全米規模の大ヒットを連発していた。
モータウンの特徴は、黒人によって作られてはいたが、白人マーケットをかなり意識した、都会的で洗練された耳触りの良いサウンドにあった。この頃と言えば公民権運動(3)が盛んになり、白人も黒人も一緒になって差別をなくそうとしていた動きが盛んだったこともあって、モータウンは世界的に知られるレーベルとなっていく。そして、都会に流れ込む労働者が増えるにつれ、モータウンは売れ行きを伸ばしていく。
そして、もうひとり(正しくは一組)のヒットメーカーが、ジム・スチュアートとエステル・アクストンの姉弟。テネシー州メンフィスでこのふたりが共同経営者となって立ち上げた『スタックス・レコード(当初はサテライト・レコードという名称)』(4)は、モータウン・レコードより2年早く設立された。ただ、地元メンフィスでの人気はあっても、当初はひっそりと活動していた。全国レベルになるのは、大手のアトランティック・レコードが配給するようになってからであるが、それは次章で述べる。
オーティス・レディング、ルーファス・トーマス、ウィリアム・ベル、マーキーズ、ブッカー・T&ザ・MG’sらを抱えたスタックスのサウンドは、ゴスペルをバックボーンにしたR&Bをベースにカントリー的な香りもするなど、独特であった。アメリカ人はスタックスで作られるレコードをいつしかメンフィス・サウンドと呼ぶようになっていた。南部には他にもハイ、ゴールドワックス、サウンドステージ・セブンなど、似たサウンドを持つレコード会社(似ているのは、同じレコーディング・スタジオを使っていたという理由がある)が次々に設立され、認知度は上がってきていた。日本では北部と南部という括りで、モータウン系はノーザン・ソウル、メンフィス系はサザン・ソウルと呼ぶことが多い。
田舎に住む黒人や白人たちは、ブルースやゴスペルに根ざした泥臭い音楽(R&Bのような)が好きだった。これを日本に当てはめるのは乱暴だけれども、例えば都会ではドリカムが流行ってても、田舎に住む年配の人は吉幾三のほうが好き、みたいな感じだと思ってもらえば分かりやすいかもしれない。要するに、モータウン・サウンドとメンフィス・サウンドは、どちらも黒人を中心にしたソウル音楽のスタイルなのだが“都会と田舎”“北部と南部”という真逆感を軸にした音楽性を持ち、それぞれの地域のリスナーを満足させていたのである。

アレサ・フランクリンとアトランティック・レコード
アレサは幼少期から教会の聖歌隊で歌い、ゴスペルタッチの歌い方が得意な少女だった。最初に契約したコロンビア・レコードでは、ポピュラーシンガーとしてデビューしたために彼女の魅力が理解されず、売れない時期が長かった。彼女の実力を知っていたアトランティック・レコード(5)のジェリー・ウェクスラーは彼女を引き抜き、メンフィスでヒット作を量産していたミュージシャンらをバックに付け、レコーディングさせようと奔走する。
彼の尽力のおかげで、ようやく南部アラバマ州のフェイム・スタジオ(マッスルショールズ・サウンド・スタジオと並んで、メンフィス・サウンドのメッカのひとつ)で本作レコーディングの運びとなったものの、南部人と北部人(アレサはデトロイト育ち)の気質の違いもあって、スタジオでの進行は混迷を極めた。結局、1回目のセッションを録り終えたところで中断となり、残りはニューヨークのアトランティック・スタジオで録音されることになる。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。