ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

本年度アカデミー賞最有力! 心揺さぶる愛の名作「キャロル」ロードショー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「ドラゴン・タトゥーの女」で、いきなりアカデミー主演女優賞にノミネートされた若手女優ルーニー・マーラと、「ブルー・ジャスミン」でアカデミー主演女優賞を射止めた大女優ケイト・ブランシェットの競演で話題となっている映画「キャロル」が2月11日(木)より公開された。
 

1952年、ニューヨーク。高級百貨店でアルバイトをするテレーズは、キャロルと出会う。エレガントで美しく、何不自由ない主婦に見えたキャロル。しかし彼女の夫は、妻にただ飾りでいることを求め、彼女はその不幸な結婚生活に終止符をうちたいと願っていた。一方のテレーズも、自分が何を本当に求めているのか、真実の自分に向き合えないでいた。そんなふたりが引力に導かれるように愛しあう。たとえ社会から否定されようとも。
 

原作は人気作家パトリシア・ハイスミスが別名義で発表しながらも大ベストセラーとなった幻の小説。50年代ニューヨークを美しく再現した魅惑的な衣装、名曲の数々、流麗なキャメラ……。まさに夢のような世界観がこの映画に詰められている。
 

【STORY】
1952年ニューヨーク、クリスマスを間近に控えて街は活気づき、誰もがクリスマスに心ときめかせている。マンハッタンにある高級百貨店のおもちゃ売り場でアルバイトとして働くテレーズ・ベリベット(ルーニー・マーラ)は、恋人のリチャード(ジェイク・レイシー)から結婚を迫られてはいるが、それでも充実感を得られず何となく毎日を過ごしていた。
​そんなある日、おもちゃ売り場にキャロル・エアード(ケイト・ブランシェット)が6歳の娘リンディへのクリスマスプレゼントを探しに訪れた。テレーズはエレガントで美しく魅力的なキャロルから目を離すことができなかった。キャロルもその視線に気づき、そのままキャロルの応対をするテレーズはプレゼントを一緒に選び、イブまでに届くように手配をした。
その際キャロルが手袋を忘れていってしまう。テレーズはすぐに手袋を自宅へと郵送すると、キャロルから百貨店に電話がかかってくる。御礼にとランチに誘われたテレーズは、翌日、キャロルに指定されたレストランで初めて話をして向きあうーー。
 

2人の愛の行方は一体どうなるのか。テレーズとキャロルの最後の決断を映画館で見届けよう。

■映画「キャロル」
公開日:2016年2月11日(木)
出演:ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ 、ジェイク・レイシー
監督:トッド・ヘインズ
原作:河出文庫「キャロル」(パトリシア・ハイスミス著)

映画「キャロル」 公式サイト
http://carol-movie.com

© NUMBER 9 FILMS (CAROL) LIMITED / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2014  ALL RIGHTS RESERVED

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。