ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トラットリア・タヴェルナ・リストランテ。知っておきたいイタリア料理店の種類

DATE:
  • ガジェット通信を≫

女性をデートに誘う時は、オシャレな飲食店を選びたいですよね。ラフ過ぎることもなく堅苦し過ぎることもない場所といえば、イタリアンにたどり着くことが多いのではないでしょうか。どこに行こうかとお店を検索していると、イタリアンには「リストランテ」や「トラットリア」という言葉が入っていることが多いことにふと気付いた人も多いはず。それぞれに違いはあるのでしょうか?

違いがわかる?イタリア料理店の種類

イタリア料理を出すお店の主な種類には、以下のようなものがあります。下にいくほど、カジュアルになります。

Ristorante(リストランテ)──いわゆるレストラン。一般的にフォーマルで、予約が必要な店が多いが、クオリティは店によって様々。

Trattoria(トラットリア)──主に地方の伝統料理や大衆料理を提供する。地方の食材を使った創作料理を提供している店も。

Taverna(タヴェルナ)──トラットリアとそれほど違いはないが、店がこぢんまりしていて、内装もよりシンプルな印象。

いずれの店も、アンティパスト(前菜)、プリモピアット(第一の皿:パスタ・スープ・リゾット)、セコンドピアット(第二の皿:肉または魚料理)、コントルノ(付け合わせの野菜)、ドルチェが提供されます。

ところで、この中に肝心のピッツァが入ってないと思われるかもしれませんが、ピッツァが提供されるのは「Pizzeria(ピッツェリア)」です。イタリアには「トラットリア」と「ピッツェリア」との両方が看板に掲げられているお店もたくさんあり、このようなお店では料理の選択肢が増えるというわけです。
しかし、日本では、名前に「トラットリア」と付いていても、実際は高級店であることもしばしばみられます。このように、必ずしも名前からお店の雰囲気が判断できるわけではないため、インターネットで下調べしておくといいかも。

デートでレストランを使い分ける

デート別にレストランを使い分けられたなら、きっと「デキる人」と好印象を与えられるかも。参考程度にいかがでしょう。

・最初のデートでは「トラットリア」

1回目のデートからいきなり高級なレストランに行くと、女性は内心「この人高級志向なのかな」と一線を引かれてしまう場合があります。最初のデートは。一般的なレストランの印象があるトラットリアがおすすめ。肩のこらない雰囲気の方が会話もはずむでしょう?

・2回目のデートは「タヴェルナ」

店がこぢんまりしている印象があるタヴェルナは、シンプルかつ個性的でユニークな外装・内装のレストランが多いです。1回目のデートでイタリアンが好きということが彼女に伝わっているので、2回目にタヴェルナに行くとイタリアンが好きな彼から「イタリアンに詳しい彼」という印象にきっと変わるはず。

・3回目のデートで初めて「リストランテ」

3回目のデートは、落ち着いた大人の雰囲気が漂うリストランテに誘いましょう。そろそろ「お付き合いを」と女性が考えるのもこの頃では?1~2回目のデートで楽しかったという気持ちがあるから、3回目のデートにつながるチャンス。その3回目のデートに高級感のあるイタリアンレストランをチョイスすることで、女性に好印象をもってもらえそう。

行くお店によってドレスコードは変たほうがいい?

「どんな服装でお店に行けばいいのかな」と悩んでしまう方も多いと思います。お店別にドレスコードを見ていきましょう。あくまで参考程度に。

トラットリアは一般的な印象の強いレストランですが、ダメージ加工がほどこしてあるジーンズや、軽装は避けましょう。イメージは「オフィスカジュアル」で。

タヴェルナは気軽に行くというイメージがありますが、こちらも軽装は避けた方が無難です。シンプルな内装や外装のお店が多いので、できるだけ服装もシンプルに合わせるとお店の雰囲気とマッチするはず。

リストランテは高級な雰囲気が漂うレストランなので、「フォーマル」な服装にしましょう。カジュアルな服装はお店の雰囲気と合わない可能性があります。ジャケットをはおるとフォーマル感がでます。

事前に行くお店の雰囲気を調べて、ドレスコードを使い分けましょう。
もちろん、トラットリアと名のつくお店でもデート向きのお店はたくさんあります。イタリアンのお店を選ぶ際は名前だけに惑わされることなく、雰囲気を重視するようにし、彼女の好きそうなお店かどうかをチェックしましょう。TPOに合ったオシャレをして、デートを楽しんで。もちろん、それなりのお店に行く時にはきちんとしたマナーを身につけておくこともお忘れなく!

関連記事リンク(外部サイト)

紙から文字が飛びでてくる!?トルコのグラフィックデザイナーが描く「3Dカリグラフィー」
19世紀の人々が描いた「2000年の世界」が斜め上すぎる(笑)
中田英寿プロデュース!一流の日本酒の祭典「CRAFT SAKE WEEK」が開催中

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP