ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ついつい食べ過ぎちゃった冬は海苔でノリきろう!『ニコニコのり』が教えるデトックス海苔レシピ!!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

海苔メーカー『ニコニコのり』が2月2日、新商品を発表。新商品や人気商品を使った、おいしくて身体に良い海苔レシピを公開しました。早速ご紹介します。

のりメーカー『ニコニコのり』伝授! 身体に春が訪れる海苔レシピ!

冬は年末年始のごちそうや、新年会のお誘いで食べ過ぎてしまった方も多いでしょう。そんな方にオススメしたい食品が、海苔。食物繊維がたっぷりで、良質なたんぱく質もとれるほか、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、ヨウ素、ビタミンA、B1、B2、Cなども含まれているため、身体のデトックスに効果的です。

海苔メーカー『ニコニコのり』は2016年3月1日より、全国の取り扱い店にて、春の新製品を発売します。それに合わせ、管理栄養士・磯村優貴恵さんが新製品や人気製品を使った、春にオススメ海苔レシピを教えてくれました。

1.デトックス海苔巻き

今話題の健康食品“キヌア”をご飯に混ぜ込んだ海苔巻き。醤油をつけなくても、具材にしっかりと味がついているので、パクパク食べられちゃうこと間違いなしです。

キヌアには、食物繊維のほか、カルシウム、鉄などの栄養素がもりだくさん。見た目も味もクセがないので、雑穀初心者の方にもおすすめです。

また、具材には、春のデトックス食材・三つ葉や、腸内環境を整え、胃腸の粘膜を守る働きのある長芋など、7つの食材を使用しています。

材料(4人分)
【具材】
・まぐろ(刺身用) 1cm角×20cm 4本
・長芋 1cm角×20cm 4本
・ほうれん草 2株
・三つ葉 2株
・かんぴょう 10g
・干し椎茸 2個
・卵 2個

【酢飯】
・白米 2合
・キヌア 大さじ2
・水 2カップ
・寿司酢 大さじ2

・焼き海苔 4枚

【調味料】
(A)だし汁 大さじ2
  みりん 小さじ2
  醤油 小さじ1/2
(B)だし汁 椎茸の戻し汁含む 100㏄
  みりん 小さじ2

■作り方
【酢飯】白米とキヌアを合わせて炊き、寿司酢を合わせておきます。
【卵焼き】卵は(A)を合わせて卵液を作り、卵焼き用のフライパンで3回に分けて焼きます。縦に4等分します。
【ほうれん草・三つ葉】塩ゆでして水気を絞り、根本を切り落とします。
【かんぴょう・干し椎茸】
(1)かんぴょうは水洗いして塩もみし、小鍋でたっぷりのお湯とともに5~10分ほど煮ます。
(2)干し椎茸はぬるま湯で戻して石づきを取り、薄切りにします。
(3)鍋に(B)とかんぴょうと椎茸を加えて煮ます。

【仕上げ】
(1)巻き簾に焼き海苔をのせ、酢飯を均一の厚さになるように広げます。海苔の一番上は少しあけて、なるべく綺麗に整えます。
(2)中央よりも手前に具材をのせます。長芋など固めの食材を中心にすると、巻きやすくなります。
(3)手前から巻いていきます。
丸にすることを考えず、四角めにしっかりと巻いてください。時間が経つにつれて、自然と丸くなっていきます。海苔がご飯の中に巻き込まれないように注意。

1のレシピのオススメ海苔はこちら!

有明海産重等級原料使用焼のり
http://www.niconico-nori.co.jp/new/201001/juutoukyu.html[リンク]

2.スモークサーモンとスプラウトのマリネ&抹茶白玉の小豆のせ

『スモークサーモンとスプラウトのマリネ』
気軽なおつまみとして、ホームパーティにぴったり。海苔のカップに、サーモンをお花のようにのせた、かわいらしい一口マリネです。

洋風でありながら、海苔とサーモンの相性がバツグンな一品。スプラウトには栄養たっぷりです。

『抹茶白玉の小豆のせ』
スイーツにも海苔が活躍! 抹茶・小豆に香ばしい海苔が合うんです。こちらもホームパーティのスイーツとして花を添えること間違いなし。

『スモークサーモンとスプラウトのマリネ』
材料(8個分)
【具材】
・スモークサーモン 16枚
・スプラウト 1/2パック
・フレンチドレッシング
・のりCUP 8個

■作り方
(1)スプラウトは根元を切り落とし、フレンチドレッシングで和えておきます。
(2)サーモンを2枚縦に並べ、手前に(1)をのせてから端から巻き、のりCUPにのせます。

※のりCUPは市販されているほか、シリコンカップ2枚で海苔を挟んで、10~20秒レンジでチンすることで作ることもできます。

『抹茶白玉の小豆のせ』
材料(8個分)
【具材】
・水 40~50㏄
・ゆであずき 40g
・白ごま 適量
・のりCUP 8個

・白玉粉 45g
・抹茶 小さじ1/2

■作り方
(1)白玉粉と抹茶を混ぜ合わせて水を少しずつ加え、耳たぶくらいのかたさになったら8等分して丸め、真ん中を少しくぼませます。
(2)沸騰したお湯に入れて1~2分後浮いてきたら冷水にとります。。
(3)水気を切ってのりCUPにのせ、上からゆで小豆と白ごまをのせます。

※のりCUPは市販されているほか、シリコンカップ2枚で海苔を挟んで、10~20秒レンジでチンすることで作ることもできます。

2のレシピのオススメ海苔はこちら!

のりピンチョスのりCUP
http://www.niconico-nori.co.jp/new/201407/nori_pin18.html[リンク]

【NEW‼】のりピンチョスのりCUPカレンダー

人気の『のりピンチョスのりCUP』が少しずつでも使いやすいカレンダータイプになって登場。

3.アボカドとクリームチーズの和風ブルスケッタ

手軽で、オシャレ! いつもの料理にもパーティ料理にも使えます。

アボカドとクリームチーズの食感がベストマッチ。味噌や柚子のほか、赤いピンクペッパーとわさび風海苔がアクセントを加え、風味豊かなブルスケッタになります。

バケットはもちろん、クラッカーやチップスにも合わせて召し上がれ。

材料(10枚分)
【具材】
・わさび風味海苔 6枚
・バゲット 1cm幅 10枚(クラッカーやチップスでも!)
・アボカド 1個
・クリームチーズ 50g
・ピンクペッパー 適量

【調味料】
味噌 大さじ1/2
柚子果汁 小さじ1

■作り方
(1)アボカドは半分に切って種を抜き、フォークの背で潰します。
(2)(1)に調味料とクリームチーズ、海苔をちぎって混ぜ合わせます。
(3)バゲットに(2)をのせ、ピンクペッパーをのせます。

4.スパイシーポテトサラダ

わさび海苔を巻いて、ポイッと食べちゃうポテトサラダ。海苔のピリッとした味とパリッとした食感がたまらない! お弁当のおかずにもオススメ!

材料(15個分)
【具材】
・わさび風味海苔 15枚
・じゃがいも 2個(300g)
・ベーコン 20g
・コーン(缶詰) 20g
・ゆで卵 1個
・刻みパセリ 少々

【調味料】
・マヨネーズ 大さじ2
・粒マスタード 大さじ1
・塩・胡椒 少々

■作り方
(1)じゃがいもは茹でて皮をむき、温かいうちにつぶします。
(2)ベーコンは細切りにしてフライパンに入れ、弱火で油を出すように炒めます。ゆで卵は包丁で細かく刻みます。
(3)(1)のじゃがいもに(2)と調味料、パセリを加えて混ぜ、海苔で巻きます。

3,4のレシピのオススメ海苔はこちら!

【NEW!!】有明海産わさび風味極10切50枚卓上

「極」グレードの有明海産原料を使用した、わさび風の味付け海苔。

5.菜飯のひと口おむすび

朝ごはんや昼ごはん、小腹がすいたときにも気軽にパクッと食べられるおむすび。

普段捨ててしまいがちな大根やかぶの葉っぱを入れることで、彩り良く、ビタミンA・C、カルシウムをとることもできます。

材料(5個分)
【具材】
・ごはん 300g
・大根菜 40g(かぶでもOK)
・ごま油 小さじ1
・塩 少々
・白ごま 適量
・海苔 5枚

■作り方
(1)大根菜は5mmの長さに切り、ごま油でいためて塩をふり、ごまを絡めます。
(2)ごはんに①を混ぜ合わせ、5等分して三角形に握り、海苔を巻きます。

6.かいわれ大根の生ハムのり巻き

生ハムの塩気と旨み、かいわれの爽やかな辛さを海苔がまろやかに調和させた一品。毎日食べたくなる簡単・時短なおつまみです。

材料(5個分)
【具材】
・生ハム 5枚
・かいわれ大根 1/2パック
・海苔 5枚

■作り方
(1)かいわれ大根は根元を切り落とします。
(2)生ハムに海苔をのせ、手前にかいわれ大根をのせて巻きます。

5,6のレシピのオススメ海苔はこちら!

【NEW!!】有明海産まる等級原料使用味のり卓上10切70枚

化学調味料を一切使用せず、九州有明海産ののり本来の味と風味を追求した味付け海苔。

いかがでしたか?

栄養たっぷりで、デトックス効果もある優良食品、海苔。

このように、ただご飯に巻くだけでなく、食べられるお皿として、味のアクセントとして、海苔は幅広い用途で手軽に使えます。

みなさんもぜひ、日頃の食卓に海苔を取り入れてみてはいかがでしょうか?

ニコニコのり株式会社
http://www.niconico-nori.co.jp/[リンク]

※本記事はギャザリー(http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/[リンク])とガジェット通信で共同制作しました。

Nagaya Ayakaの記事一覧をみる ▶

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP