ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

絵文字が立体的に浮かび上がる!スマホで色やパターンを変えられるLEDライト「Tittle」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマホで操作できるスマート電球はさまざまなメーカーから発売されているが、今回はもっと遊び心があるLEDライトを紹介しよう。

色を自由に変えられるのはもちろんのこと、絵文字まで立体的に浮かび上がらせられる「Tittle」だ。

・LEDライトが512個

Tittleはキューブ状で、スモークガラスの中に512個ものLEDライトがドットのように立体的に散りばめられている。

Wi-Fi経由でアプリから操作でき、灯す色やパターンを自由自在に変えられ、タイマー設定もできる。

中でも面白いのが、専用アプリでTittleに絵文字を送れる機能。例えば、家族のTittleにスマイルフェイスを、バレンタインの日に恋人に赤いハート型の絵文字を送るなんてことも可能だ。

・音楽や雰囲気に合わせて七変化

もちろん、その日の気分や雰囲気に合わせて色を変えて灯すという、ムードランプとしても使える。

友人を招いてパーティーをするときには、音楽に合わせて自動で色が変わるミュージックビジュアライザーとして使うと盛り上がりそうだ。

加えてアプリにはいくつかのモードがプリセットされていて、「暖炉」モードでは赤いドットがチリチリと動き、「花火」モードでは色や動きがさまざまに変わる。

・199ドルでゲット

このユニークなライト、現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで199ドル(約2万2700円)の出資で入手できる。アプリは今のところiOSのみだが、フル生産に入れば他のプラットフォームにも取り掛かるとのこと。

出資者への発送は今年9月の予定。以降の小売価格は349ドル(約4万円)となるので、興味のある人は今がお得にゲットできるチャンスだ。

Tittle/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP