ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セルフネイラーにもおすすめ♪簡単ウォーターマーブルの作り方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マニキュアでもジェルでもOK!人気のウォーターマーブル柄ネイル

最近昔のネイルデザインが再燃してきている中、ウォーターマーブルはかなり人気が高くなってきているアートの1つです。
ウォーターマーブルとは、マニキュアと水を使用して、アートをしていく技法です。
マニキュアしかできない職業の方にも、ジェルネイルをする方でも、誰でも楽しめるネイル技法です。

 

セルフでできる♪ウォーターマーブルの作り方

ウォーターマーブルは水の中にマニキュアをどんどん垂らしていき、水面で模様を作ってから指を入れて、マニキュアの膜を爪に付けていく技法です。
①マニキュアが波紋みたいになるので、どんどん垂らしていきます。
②模様は爪楊枝を使い、混ぜて作っていきます。
③好きな模様の位置に爪の面を入れていきます。水から手を出す前に、必ず周りのいらないマニキュアの膜を、爪楊枝で取ってから手を出します(これをしておくと、最初に爪に付いた柄の上にさらに膜が付いてしまうのを防ぐことができます)。
④水から出した状態です。

 

模様や色でバリエーションが豊富に楽しめる♪マーブル柄いろいろ

爪以外についたマニキュアは最後にリムーバーで取ります。ベースジェルとトップジェルの間に挟み込むこともできます!
色を変えれば、こんなにいろんなバリエーションができますよ!

 

2色だけでも可愛い♪マーブル柄

こちらは2色だけの模様を作ったものです。
爪楊枝で中心からと外側からと、線を入れて作った模様です。
セルフでアートを筆で描くと利き手は難しいですが、ウォーターマーブルは利き手で模様を作ってから、指を入れていけますので、自分の手をアートするのにもとてもやりやすいです!
また毎回違う模様になるので、自分だけのデザインも楽しめるのが良いところですね!

 

肌馴染みのよいピンクベージュ×白のマーブル柄。ホワイトフレンチと組み合わせると、オシャレ度アップです!

 

淡い色との組み合わせも、控えめで上品なデザインになります。お仕事柄、目立つアートはできない方にもおすすめしたデザインです。

 

ラベンダーとミントグリーンをアクセントに入れたデザイン。ビジューの一点盛りやクリアベースのドット柄で個性を出してみました

 

パステル系の黄色やグリーンなどを使ったマーブル柄。ぐっと春っぽさが出て明るい印象に♪

 

肌に近いベージュと淡い白のマーブル柄。小さめのゴールドパーツをとの相性が抜群です!

 

ラベンダーと白を使ったマーブルに、オーロラホイルをプラスしたデザイン。ゴールドのラインを使っているところが大人っぽさを演出するコツです。
今年の春は、いろんなマーブル柄ネイルを試してみてくださいね。

西山麻耶(nailroomMAKANA)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP