ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Intel、IoT機器や組み込み向けプロセッサ「Atom x5-E8000」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Intel がモバイル向けプロセッサ「Intel Atom x5」ファミリーに新モデルとなる低消費電力のクアッドコアプロセッサ「Atom x5-E8000」を追加しました。Atom x5-E8000 はタブレットや PC でよく目にする Intel Atom x5 ファミリーの製品ですが、コンシューマデバイス向けではなく、主に IoT 機器や Mini-ITX ボード向けのプロセッサになります。Atom x5-E8000 は Braswell アーキテクチャーの 64bit CPU を内蔵しており、CPU は最大クロック周波数は 1.04GHz / 2.0GHz(ブースト時)。GPU は Intel HD Graphics Gen8 @ 320MHz で、メモリインタフェースあ DDR3L 1600 最大 8GB をサポートしています。Intel の発表によると、Atom X5 E8000 は、Windows 7 / 8 / 10 / Windows Embedded 7 / 8、Linux ベースの OS をサポートしています。Source : CNX-Software

■関連記事
Xiaomi、Mi 5で撮影された写真を公開、鮮明さをアピール
Android Tips : XperiaでUSB機器の検出を簡単に行う方法
東京マラソン2016の公式Androidアプリがリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。