ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

amazarashi、1946年創刊の文藝誌『別冊文藝春秋』にオリジナル詩を寄稿

DATE:
  • ガジェット通信を≫

amazarashiの秋田ひろむが、1946年創刊の文藝誌『別冊文藝春秋』に書き下ろしの詩を寄稿、2月19日の主要電子書店にて発売される2016年3月号(322号)の巻頭ページに「青森唱歌」「死の克服」「インダビルディング」「セットリスト」「渋谷の夜明け」という五篇の詩と、詩に対する思いを綴ったエッセイ「詩への一言」が掲載される。

強烈な歌詞世界が定評のamazarashiは、現在までリリースしているCD全ての作品に、楽曲と同タイトルの詩集が掲載されているが、楽曲とは別テーマにて詩を寄稿するのは初めてのこととなり、初の文藝誌への寄稿は、歌詞世界の文学性の高さに惚れ込んだ編集部からの依頼で実現した。

また、2月24日にリリースする3rdアルバム「世界収束二一一六」の初回限定盤Aには、秋田ひろむが書き下ろしたオリジナル小説「花は誰かの死体に咲く」と、アルバム収録曲と同タイトルの詩集が掲載された上製本が同梱される。

書籍情報
『別冊文藝春秋』
2015年5月より完全電子化
*隔月刊行、偶数月20日に主要電子書店にて販売中
https://www.bunshun.co.jp/mag/bessatsu/

リリース情報
アルバム「世界収束二一一六」
2016年2月24日発売

初回生産限定盤A(CD+DVD+オリジナル小説、詩集本 封入)AICL 3068〜9 3,500円+税

初回生産限定盤B(5000枚限定)(CD+amazarashiフィギュア封入)AICL 3071〜2 3,500円+税

通常盤(CD)AICL 3070 2,778円+税

関連リンク

amazarashi official web sitehttp://www.amazarashi.com/
amazarashi Twitterhttps://twitter.com/amazarashi_bot
amazarashi Facebookhttp://www.facebook.com/amazarashiofficial
amazarashi mobile モバイルサイト「apologies」http://m.apologies.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。