ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

とある男性が、北海道の小さな町で「木の車椅子」を作り続ける理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。

工房は50年前に建てられた体育館。冬は雪に埋もれる

現在、須田さんが精力的に取り組んでいるプロジェクトがある。それは、「木の車椅子」の製作。

「木の車椅子」試作初号機

木の温もりと癒やしの効果は
代用が利かない

「車椅子ユーザーにとって、車椅子は自分の体の一部です。それなのに、機能重視で味気ないデザインの、金属製のものがほとんど。温もりのある木で、丁寧にデザインされた美しい車椅子を使ってもらえたら」と須田さん。

須田さんは、毎日、真摯に木と向き合っていると、素材の温もりと癒しの効果は、他の素材では代用できないことを実感するという。「『ああ、生き物を扱っているんだなぁ』という感覚があります」。

今では失われつつある伝統的な技術で、心を込めて家具を作る

須田さんは、ユーザーに木の車椅子を使ってもらうことで、以下のような効果を期待しているという。

①ステータスを感じ、人に見せたくなることで、より一層の社会生活への積極的な参加を促す
②バリバリと活動している姿を周りの人が目にすることで、「格好いい、負けていられない、あんな生き方をしたい」と自分を見つめ直し、勇気づけられる

製品化に向けた
試作品づくりに奮闘

車椅子の製作は、普段作っている家具とは勝手が違い、苦労の連続だという。これから着手するのが、試作4号機の製作。しかし、乗り越えるべき壁というのが、今まで以上に険しい。

「大きな欠陥を修正するのは、意外と簡単ですが、細かな部分を修正したり、原因を突き止めて潰していく作業の方が、ずっと大変なんです。バランス、強度、デザイン、精度、木という素材の限界…に挑むことになります」と、須田さん。

平面でデザインを起こし、1/5の模型を作り、色んな角度から美しさを確かめる。

試作4号機は完成度の高いものが仕上がると予想。試作5号機、6号機を経て、2016年秋~2017年春には製品化を発表する予定だ。製作資金については、現在、クラウドファンディングサイト「READYFOR」のコチラのページで募っている。

コンテンツ提供元:READYFOR

関連記事リンク(外部サイト)

「ひとりぼっち」でご飯を食べる子どものために、ある女性が立ち上がった!
これまでに1万回以上参拝をしてきた「神社学」教授が語る「神社の楽しみ方」
「僕らの仕事はアートではなくデザイン。相手に喜んでもらうことがすべて。」-岡安泉-(照明デザイナー)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP