体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「血の池」に「ワニ地獄」九州の温泉地が、気になりすぎる・・・

生活・趣味
「血の池」に「ワニ地獄」九州の温泉地が、気になりすぎる・・・ 893231333619049 11846638_1035437646481415_9131417651127598913_n

ことりっぷ

働く女性が週末に行く、小さな旅を提案する旅行ガイドブック「co(小さい)+Trip(旅)ことりっぷ」のWEBマガジン。日常や旅に関する、ガイドブックでは伝えきれない情報をお届けします。

大分県は、全国一の源泉数と湧出量を誇る別府温泉をはじめ、「行ってみたい温泉」で常に上位にランクインする由布院温泉など魅力的な温泉がそろっています。趣ある町並みの日田や広大な草原が魅力のくじゅうなど多彩な観光エリアです。今回は、人気温泉地・別府をはじめとした大分県の魅力をご紹介。

温泉は約2,300ヶ所!?
湯の里「別府」

234000067788735_Large

大分空港から車で1時間ほどの場所にある別府市は温泉の湧出量日本一を誇る温泉大国。市内には、それぞれの泉質や雰囲気を異にした温泉が約2,300ヶ所あり、8つの個性溢れる温泉郷を総称して「別府八湯」といいます。別府に行くと街中が、硫黄の香りに包み込まれています。

ちなみに、別府は世界に存在する11種類の泉質のうち、放射能泉を除いた10種をもつ、世界的にも珍しい温泉地なんです。

sectionImage_2_1

別府駅から10分ほど歩いたところにある「竹瓦温泉」は、明治12年に創設され、いまもなお地域の人や観光客に親しまれています。名物の砂湯は市内に数ヶ所あり、なかには海を目の前にして波の音をBGMにしながら、砂湯を体験できるところも。砂湯とは、温泉であたためた砂をかけてもらい、体をあたためてから温泉に入るとういう特殊な温泉療法の1つです。

湯けむりの中で食べる
最高のB級グルメ

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会