ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「血の池」に「ワニ地獄」九州の温泉地が、気になりすぎる・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ことりっぷ

働く女性が週末に行く、小さな旅を提案する旅行ガイドブック「co(小さい)+Trip(旅)ことりっぷ」のWEBマガジン。日常や旅に関する、ガイドブックでは伝えきれない情報をお届けします。

大分県は、全国一の源泉数と湧出量を誇る別府温泉をはじめ、「行ってみたい温泉」で常に上位にランクインする由布院温泉など魅力的な温泉がそろっています。趣ある町並みの日田や広大な草原が魅力のくじゅうなど多彩な観光エリアです。今回は、人気温泉地・別府をはじめとした大分県の魅力をご紹介。

温泉は約2,300ヶ所!?
湯の里「別府」

大分空港から車で1時間ほどの場所にある別府市は温泉の湧出量日本一を誇る温泉大国。市内には、それぞれの泉質や雰囲気を異にした温泉が約2,300ヶ所あり、8つの個性溢れる温泉郷を総称して「別府八湯」といいます。別府に行くと街中が、硫黄の香りに包み込まれています。

ちなみに、別府は世界に存在する11種類の泉質のうち、放射能泉を除いた10種をもつ、世界的にも珍しい温泉地なんです。

別府駅から10分ほど歩いたところにある「竹瓦温泉」は、明治12年に創設され、いまもなお地域の人や観光客に親しまれています。名物の砂湯は市内に数ヶ所あり、なかには海を目の前にして波の音をBGMにしながら、砂湯を体験できるところも。砂湯とは、温泉であたためた砂をかけてもらい、体をあたためてから温泉に入るとういう特殊な温泉療法の1つです。

湯けむりの中で食べる
最高のB級グルメ

大分県は豊後水道があり、海の幸が豊か。老舗の郷土料理や宿の温泉付きランチも人気があります。家庭料理としても親しまれている「とり天」や「だんご汁」、「別府冷麺」などがあります。最近、全国的にB級グルメとして有名なった「中津からあげ」も大分県の名物です。

別府市の鉄輪温泉に行ったら、ぜひ温泉の恵みがつまった「地獄蒸し」を。野菜や魚介などさまざまな食材を温泉の蒸気で蒸す料理です。温泉街では、体験施設や自炊型の旅館もあり、気軽に地獄蒸しを楽しむこともできますよ。

日本初!国宝に
認定された大仏彫刻

(平安末期に彫られた20数体の仏が並ぶホキ石仏第一群)

大分県にはほかにもたくさんの観光スポットがあります。市内にある国宝の石仏で知られる「臼杵」では、城下町として栄えた白壁の街並み散策を楽しめます。「国宝臼杵石仏」は、平安時代から鎌倉時代にかけて、山肌に彫られた60本あまりの磨崖仏郡。規模、数量、質の高さは国内屈指といわれています。

ドライブもいいけど…
オススメは「地獄めぐり」

(くじゅうエリアの中央を貫くやまなみハイウェイ)

くじゅう連山と大草原によって囲まれたくじゅうエリアには、高原ならではの絶景スポットやグルメなどが。ドライブにピッタリですね。

また、ワニがいる「鬼山地獄」や、湯が真っ赤に染まった「血の池地獄」など、8ヶ所の地獄をめぐる「地獄めぐり」は別府観光の王道になっています。別府駅では、別府観光の生みの親、熊八爺さんが、大きく手をあげてお出迎えしてくれますよ。

コンテンツ提供元;ことりっぷ

関連記事リンク(外部サイト)

北海道・美瑛町の「青い池」が、息を呑む美しさ・・・
英国の雰囲気たっぷり。京都にある「ドゥリムトン村」がおとぎ話に出てきそう・・・
「東芝の社員」しか改札を通れない。日本で一番海に近い駅を知っていますか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP